トップページ

当サイト管理人、「リフォーム太郎」の自己紹介

はじめまして!リフォームの基礎知識をご覧いただきありがとうございます。サイト運営者の「リフォーム太郎」と申します。大手リフォーム会社に10年以上務め、現在も現役の営業・現場監督として年間50件近くのリフォーム工事を担当しています。

当サイトでは、以下の項目について特に掘り下げて解説していきます。

 リフォームを絶対に成功させるための基礎知識
 優秀なリフォーム業者を探し工事を依頼する方法
 リフォーム工事の流れや進み方の解説
 流行、人気しているリフォーム方法・箇所の解説

普段からリフォーム業界に携わっているプロの目線から、リフォームを成功させるための質の高い情報を提供させて頂きたいと思っています。ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

「リフォーム工事」は「新築工事」より難しい

住宅のリフォーム工事は「一生に一度の買い物」と言っても過言では無い大きな金額が掛かるものです。そのため、リフォームを検討している人は、人生ではじめてリフォームを依頼するという方が殆どです。

リフォームに関する悩み

  • リフォームがどういった流れで進んでいくのか分からない
  • 大金を支払うのだから、リフォームでは絶対に失敗したくない
  • 数ある業者の中から、信頼できるリフォーム会社をどう探せばいいか知りたい

はじめてのリフォームはわからない事だらけで、このような悩みや不安を抱えている方も多いでしょう。実際に、以下のようなリフォーム工事に関するトラブルは数多く発生しています。

  • リフォーム業者の工事見積が雑だったため追加工事費用の請求が相次ぎ、予定していた予算よりも大きくオーバーした費用が掛かってしまった
  • 工事の段取りや工事日程の組み方が悪く、工事期間が大幅に延長されてしまい、いつまでもキッチンや浴室が使えないままで大変な不便を強いられた

リフォームは工事現場ごとに条件が違うため、ゼロから設計することができる新築工事より難しいと言われています。実際に、家ごとに築年数や建物の構造は異なるし、既存のキッチン・浴室といった設備のサイズも違います。複雑で難しい現場の場合、知識・技術、経験が豊富な業者でないと、大きなトラブルを起こすことなくリフォームを最後まで成功させる事は難しいと言えるでしょう。

 

大手リフォーム業者に工事を依頼すればトラブルは少ないが…

リフォームで失敗しないための一番かんたんな方法は、大手のリフォーム業者に工事を依頼することです。年間に手掛ける工事数も地方の中小企業とは比較にならず、長年の会社運営の中で培った経験や実績も十分あります。どんな内容のリフォームであっても、大きなトラブル無く成功へと導いてくれるでしょう。

ただし、大手リフォーム業者は工事費用が高いというデメリットがあります。同じ工事を頼むにしても、「大手」というブランドを経由するだけで、工事費用の総額は30%程度上乗せされることになります。

もし「リフォームを安く成功させたい!」という希望がある場合、大手以外のリフォーム業者に工事を依頼することになります。その場合、知識・技術が未熟で経験にも乏しい、つまり「悪質なリフォーム業者」に当たってしまう可能性が出てきます。

 

比較見積をすることで、失敗やトラブルを避けることが出来る

大手以外のリフォーム業者に工事を依頼する場合、リフォームを依頼する側が悪質なリフォーム業者かそうでないか見抜き判断するための目、つまり、「リフォームに関する基礎知識」を持っている必要があります。その上で、1社だけに依頼するのだけでなく、複数の業者に調査や見積を依頼する「比較見積」を行うことで、質のいい業者を探し当てる確率が高くなります。

「比較見積」は、リフォーム業界でも権威のある「住宅リフォーム推進協議会」(リフォームに関するセミナーや相談受付を実施している非営利の一般社団法人)でも推奨されている方法です。

中小のリフォーム業者に限らず、大手のリフォーム業者への工事依頼を考えている場合でも、比較見積をしていくことで理想とするリフォームを実現する可能性はより高くなると言えるでしょう。

 

見積依頼をする前に、自分の中でプランを明確化する事が大事

複数のリフォーム業者を比較・検討する際に大事なのが、「リフォームで直したい箇所を自分や家族間で明確化しておくこと」です。

リフォーム業者に見積依頼をしたとして、最初に現地調査にきたA社と、2番目に現地調査に来たB社で、工事内容の条件が変わってしまうと、業社ごとの工事費用や対応力や提案力の比較をするのが難しくなってしまうためです。

リフォームを依頼する前に、「住宅のどの部分をどんな形で直したいのか」、といった部分を出来るだけ具体的にしておく作業が非常に大切になってきます。

プラン作成のために、まず一つの業者に見積書を作成して貰おう

プラン作成をしようとしても現実は・・・

「まずはプランを作成する」と言われても、リフォームに関しては丸っきり素人だし、本やネットの情報だけ見てもいまいちピンと来ないなあ。
第一、自分の家は結構古くて、理想とするようなリフォームが可能かどうかもかもわからないでしょ。
  • 自宅の築年数が30年以上経過していて所々かなり痛んでいるがリフォーム可能なのか
  • 我が家はコンクリート造りだからリフォーム時に様々な制約が出てくると知人に言われた
  • そもそも住宅に関しての知識がからきし無いから、自分でプランなど立てられない

「プランを作成する」と言っても、リフォームをはじめて経験する人にとっては判断が難しいことばかり。"自分でプランを立てる"と言っても、そもそもどんな工事が実現可能か想像も付かない方も多いでしょう。

そこでオススメをしたいのが、まず一つの業者にリフォームする住宅の現場調査に来てもらい実際に見積書を作成してもらう、という方法です。

実際にリフォーム業者に調査・見積をしてもらうことで、住宅でどんなリフォーム工事が、どの程度の予算で実現可能か、といった部分をかなり踏み込んだところまで具体的にし、明らかすることができるからです。

そして、はじめにコンタクトを取った業者に作成して貰った工事計画書と見積書が「たたき台としての一歩目のプラン」になります。

もし「実は是非リフォームを依頼してみたい、気になっている業者がある」といった場合でも、一つプランを持っていても損をする事はありません。本命として考えているリフォーム業者が本当に十分な知識・技術・経験を持ち合わせいるか、といった部分を観るための立派な「判断材料」になるためです。

 

一つ目のプランは必ず「優秀な業者」に作成を依頼する

「一歩目のプラン」として工事計画書・見積書を作成して貰う際は、費用の安い・高いはひとまず置いて、知識・技術・経験が揃った優秀なリフォーム業者に依頼する必要があります。

後に比較見積を依頼することになるリフォーム業者の調査や見積の良し悪しを判断するために、リフォーム予定の住宅の工事で出来ること・出来ない事の判断を質の高い業者にハッキリさせて貰う必要があるためです。

悪質な業者の場合して以下のようなずさんな調査を行われてしまった場合、見積金額を提示されたとしても、工事後に問題が発覚すれば工事費用そのものが大きく変動してしまうため、プランとして比較になりません。

悪質リフォーム業者の調査・見積だと・・・

  • 間取りを拡張する工事で、本来であれば建築基準法で”柱や梁の補強”が必要になるのに、「補強は不要」と言い切る業者
  • 鉄骨・コンクリート構造でキッチン・浴室の移設が不可能なのに、調査不足で工事可能と判断してしまう業者
  • 床下や天井裏の状況を確認せずに、シロアリ被害や屋根裏の漏水無しと判断してしまう業者

優秀なリフォーム業者探しには”業者比較サイト”がオススメ

優秀なリフォーム業者を探すためには、「リフォーム業者比較サイト」を利用するのが最もかんたんで確実な方法になります。多くのリフォーム業者比較サイトでは「一括見積サービス」と言われる、複数のリフォーム業者に向けて同時に「リフォームをしたいという意思表示」が出来るサービスが展開されています。

あくまで「意思表示」のため、電話や訪問でがつがつとしたアプローチを受けることなく、メールやウェブ画面上で、依頼主の居住地域やリフォーム希望箇所・予算に合わせて「業者の紹介」をしてくれる、というのが具体的なサービスの概要です。

業者比較サイトでは、以下のような厳正な審査を通過したリフォーム業者しか登録が認められていないため、実績がある優秀なリフォーム業者のみがリストに掲載されているのです。

業者比較サイトの厳正な登録基準の例

 建設業許可または建築士事務所登録の取得
 賠償責任保険の年間加入
 法人として2年以上の活動実績

知識や技術、そして経験がある良質で優秀なリフォーム業者を探すには、資格や実績面での基準をクリアした業者のみが登録されている、業者比較サイトを活用するのが確実な手段だと言えるでしょう。

もし、地元の業者や知人が勤めているリフォーム業者で工事依頼を考えている会社があったとしても、工事内容や工事費用を適正なものか判断するため、別ルートから仕入れた「見積・プラン」を比較材料として用意するのは決して悪くない手段だと思います。

以下は、登録されているリフォーム業者の質が高く、それぞれ特徴があるサービスを展開している業者比較サイトをオススメ順に並べたランキングです。

 

オススメ1位 タウンライフリフォーム




タウンライフリフォーム「住友林業の新築そっくりさん」「積水ハウスグループの積和建設埼玉」「パナソニックリフォーム」「住友林業のリフォーム」、誰もが一度は見聞きしたことがある大手リフォーム業者から無料で工事見積とリフォームプランを作成してもらうことができます。加えて、国土交通省発行の建設業許可の取得」等、厳正な審査基準をクリアする必要があるため、地域のリフォーム業者であったとしても、知識・技術・経験が揃った優良なリフォーム業者も数多く登録されています。またタウンライフリフォームでは見積依頼時に図面や写真の添付もできるため、はじめから自宅の状況や詳細な工事条件を知らせて複数のリフォーム業者に見積やプランの作成を依頼が可能です。それによりそれぞれの業者の工事費用やプラン作成の特徴や提案力をハッキリと比較することができます。

オススメ2位 リフォーム・オウチーノ




リフォーム・オウチーノは大手企業の登録はそこまで多くありませんが、建設許可証の取得、賠償責任保険の加入等厳しい審査基準をクリアした優良なリフォーム業者が400社以上参加しています。また「匿名見積」に取り組んでいるため、住所や電話番号等の情報入力せずにリフォーム業者とやりとりすることができます。自分から業者にコンタクトを取らない限り、業者から電話やアポ無し訪問等のアプローチをされることもありません。加えてインターホン交換や宅配ボックスの設置、室内物干し設備の設置等、小規模な工事でも対応している業者も多いため、匿名でリフォーム業者とやりとりしながら工事費用等の情報を得る使い方もオススメです。

 

投稿日:2017年7月5日 更新日:

Copyright© リフォームとDIYの基礎知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.