【工事費用シュミレーション】 室内のリフォーム工事 断熱リフォーム

窓サッシ・ガラスのリフォーム工事(カバー工法)で掛かる費用と見積例

更新日:

窓サッシ・ガラスのリフォーム方法

窓も「経年劣化」をする

屋根や外壁が時間の経過と共に劣化していくことは有名ですが、実は窓も経年劣化していくということをご存知ですか?

窓も屋根や外壁と同じく、厳しい外部環境と常に接しており、温度変化や雨風の影響で劣化していきます。

また、屋根や外壁と違って内部環境とも常に接しているため、温度差などの影響も受けてしまいます。そのため、築30年も過ぎるとアルミ製の窓は経年による表面の劣化や開閉の不具合といった性能・機能・防犯性・美観が低下してしまうのです。

気密性や遮音性、断熱性の低下などの性能面の問題は快適な生活の支障になりますし、戸車の劣化は窓の開閉を困難にさせます。錠(クレセント)の劣化は防犯性が低下し、窓枠や中桟の傷や劣化は美観を損ねることになります。

いずれにしても、窓の劣化は早急な対策を打たないと大変なことになってしまうのです。

 

カバー工法で窓サッシ・ガラスを新しくリフォームする

工事イメージ

窓サッシ・ガラスのリフォーム工事としてはカバー工法がメジャーです。カバー工法とは、既存の窓枠の上から新しい枠を取り付けるという手法です。

古いサッシだけを取り除き、枠をそのまま使うため、壁や床を工事することなく取替えが可能なのがその特徴。壁や床の工事が無いため騒音や埃の発生が少なく施行期間は1戸あたり約半日。ねじ止めのみの施工なので火気も発生せず安全という大きなメリットがあります。

 

必要な工事費用と見積例

必要な工事費用

工事費用:約460,000円

見積例

工事概要仕様数量単位単価金額
既存サッシ撤去既存サッシ・ガラス処分4.0カ所5,00020,000
新規カバー工法用サッシLDK 幅2500×1805mm 複合2重ガラス1.0カ所95,00095,000
和室 幅2000×160mm 複合2重ガラス1.0カ所90,00090,000
寝室 幅1800×160mm 複合2重ガラス1.0カ所85,00085,000
子供部屋 幅1800×160mm 複合2重ガラス1.0カ所85,00085,000
防水工事既存~新規サッシ取り合いコーキング処理4.0カ所22,00088,000
小計463,000
合計463,000
値引き(3,000)
総計460,000

 

工事の概要

窓サッシのカバー工法の概要を説明します。

 窓サッシのカバー工法の概要
  1. 実測
    工事の前に、窓枠のサイズを測ります。このサイズを元に見積を作成し、工事が行われます。
  2. 既存サッシの取り外し→専用補強枠の取り付け
    傷みがひどくなった既存の窓サッシを取り外します。
    古い窓枠には専用の補強枠を取り付けることで、強度を補います。
  3. 新規枠の取り付け→内部額縁の取り付け
    古い窓枠の上から新規枠を取り付けます。
  4. 新しいサッシの取り付け
    新しい窓枠に合った新しいサッシを取り付けます。

 

工事の注意点

「二重サッシ(内窓)」取付との違い

カバー工法以外の窓のリフォーム工事としては、二重サッシの取付け工事がよく行われます。これは、既存窓枠の内側にさらに新しい窓枠を取り付けるという工法。カバー工法と同様の効果はあるのですが、窓サッシが二重になって見栄えが悪くなる・掃除などのメンテナンスに手間が掛かる、などのデメリットがあります。

しかし、カバー工法に比べ工事費用は二重サッシ取付工事の方が安いため、予算との兼ね合いをよく検討して、リフォーム方法を選ぶといいでしょう。場合によっては、リフォーム業者の担当者に相談するのもいいかもしれません。

 

枠部分の結露や窓枠が小さくなるデメリットも

カバー工法で窓をリフォームするのにも、以下の様なデメリットは存在します。

  • 結露が生じる
  • 窓枠が小さくなる
  • 段差が生じる

特に、既存の窓枠の上に取り付けた新しい金属枠に結露が生じたり、窓枠の高さや幅が小さくなってしまうというデメリットは、生活に悪い影響を与えてしまいます。
せっかくリフォームするのですから思わぬデメリットで後悔したくはありませんよね?メリットとデメリットをしっかりと見比べながら検討して、後悔しないようにしましょう。

ただし、住宅の状態は家によって異なります。自宅の状況によってはカバー工法ができない場合や、二重サッシの方が適している場合もあるため、知識や実績の豊富な専門のリフォーム業者を呼んで、診てもらうのがいいでしょう。

 

おすすめリフォーム業者ランキング

オススメ1位 タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム「住友林業の新築そっくりさん」「積水ハウスグループの積和建設埼玉」「パナソニックリフォーム」「住友林業のリフォーム」、誰もが一度は見聞きしたことがある大手リフォーム業者から無料で工事見積とリフォームプランを作成してもらうことができます。

加えて、国土交通省発行の建設業許可の取得」等、厳正な審査基準をクリアする必要があるため、地域のリフォーム業者であったとしても、知識・技術・経験が揃った優良なリフォーム業者が数多く登録されています。

またタウンライフリフォームでは見積依頼時に図面や写真の添付もできるため、はじめから自宅の状況や詳細な工事条件を知らせて複数のリフォーム業者に見積やプランの作成を依頼が可能です。

大手リフォーム業者、中小リフォーム業者それぞれの工事費用やプラン作成の特徴や提案力をハッキリと比較することができるため、リフォーム業者を選ぶ上での判断基準や情報収集を行うために最適なサービスと言えるでしょう。

 

オススメ2位 ベスト@リフォーム

ベスト@リフォームは株式会社ウェイブダッシュ(1990年創業以来ウェブサービスを中心に事業展開を行っている会社)が運営している、無料でリフォーム資料・カタログの請求を申し込むことができるサイトです。

「住友不動産の新築そっくりさん」「ミサワホームイング」「土屋ホームトピア」等と、日本でもトップクラスの実績と地名度がある大手・優良リフォーム業者から資料・カタログを一括で取り寄せることができます。

見積依頼や調査依頼ではなく、あくまで「資料・カタログ請求依頼」なのでリフォーム業社側があまりガツガツした営業を仕掛けて来ないのがこのサービスの特徴と言えるでしょう。

「リフォームを本格的に考えているわけでは無いけど、まずは手軽に情報収集を行いたい。」と考えている方にオススメなサービスです。

 

オススメ3位 リフォーム・オウチーノ

リフォーム・オウチーノは大手企業の登録はそこまで多くありませんが、地域のリフォーム業者を中心に、建設許可証の取得、賠償責任保険の加入等厳しい審査基準をクリアしたがリフォーム業者が400社以上参加しています。

また「匿名見積」に取り組んでいるため、住所や電話番号等の情報入力せずにリフォーム業者とやりとりすることができます。自分から業者にコンタクトを取らない限り、業者から電話やアポ無し訪問等のアプローチをされることもありません。

加えてインターホン交換や宅配ボックスの設置、室内物干し設備の設置等、小規模な工事でも対応している業者も多いため、匿名でリフォーム業者とやりとりしながら工事費用等の情報を得る使い方もオススメです。

 

関連記事



-【工事費用シュミレーション】, 室内のリフォーム工事, 断熱リフォーム

Copyright© リフォームとDIYの基礎知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.