計画と準備 【リフォームの流れ】 業者の選び方 見積依頼と現場調査

リフォーム一括見積サービスを利用する際の注意点

更新日:

「リフォーム一括見積サービス」というものを知っていますか?

リフォーム工事は契約する前に必ず、かかる費用を大まかに計算した「見積書」が提出されます。

これを利用して、より安価で高品質に工事を行ってもらうために、複数の業者から見積書を受け取り、比較検討するということがよく行うのが賢い依頼者のやり方なのですが、複数のリフォーム業者に見積をお願いするのは非常に面倒なのです。

一般の方はリフォーム業者に詳しいわけではないので、悪質な業者の情報を探し出し、そこを省きながら複数の業者を見つけなくてはいけないのは、時間と労力をかなり消費してしまうことでしょう。

そんな方のために提供されているのがこの「リフォーム一括見積サービス」です。

これはその名の通り、リフォーム工事の見積を複数の業者に一括で依頼することができるというサービスです。これを利用すれば、複数の業者を探し出して別々にアポイトメントを取るという手間を省くことができるのです。

しかし、そんなサービスも上手に使わなければしっかりと比較検討することが困難になります。

この記事では、リフォーム一括見積サービスの上手な利用方法と、使用する際の注意点をご紹介します。

この記事でわかること

 リフォーム一括見積サービスの上手な利用方法
 リフォーム一括見積サービスを使用する際の注意点

 


一括見積サービスは同じ条件で比較しないと意味が無い

「リフォーム一括見積サービス」とは複数のリフォーム業者から工事の見積を一括で取ることができる便利なサービスです。

どんなリフォーム一括見積サービスのサイトを見ても「必ず複数の業者に見積を依頼して金額を比較しましょう!」と書いてあるのですが、複数業者から一括で見積を受けるサービスを提供しているサイトなわけですから、そのような主張をするのも当たり前の話です。

確かにリフォーム工事は費用が高額になるため、できるだけ安価で依頼したいところです。
しかし、何の準拠も持たずに一括見積サービスを利用しても、ほとんど意味がないことを知っていますか?

何も考えずに見積を依頼しても、理想のリフォームが行われることはまずありません。
どんなことを明確にしてからサービスを活用すればいいのでしょうか?

 

リフォームで実現したいことを明確にしてから一括見積サービスを利用しよう

一括見積サービスを使うことによるメリットは、複数のリフォーム業者の見積や対応を比較することで、予算内での理想のリフォームを叶えてくれるリフォーム業者を見つけやすくすることにあります。

自分で業者を探すことなく、一括でアポイトメントを取れるので、時間と労力を削減しつつメリットを享受できるのは魅力的なのですが、次のような状況の場合、一括見積サービスを利用することによるメリットは小さくなってしまいます。

  • 自宅のどの箇所をリフォームするか明確に決まっていない
  • 自分や家族間で、実現したいリフォーム内容について話し合いや擦り合わせが行われていない

複数の業者に見積を依頼数場合、最初に見積依頼をしたA社と、2番目に見積依頼をしたB社で、依頼する工事内容の条件が変わってしまうと、業者の施行能力や施行費用の比較をすることが難しくなってしまいます。

そもそも、どの箇所をリフォームするかが明確に決まっていなければ、依頼を受け取る側の業者の認識がそれぞれで違ってしまうため、工事内容の条件が大きく違ってしまうことも多いのです。

例えば、「洋室の部屋の雰囲気を和風にして欲しい」と依頼をしたとしても、A社からはフローリングのまま和風に仕上げる方向で見積もりが提出され、B社からは畳を敷いて完全な和室にしてしまう見積もりを受け取ってしまっては、費用の比較は正確に行うことができないのです。

あらかじめ、家族間で意見を出し合い、「自宅のどの箇所を、どのようにリフォームしたいのか」という自分達のリフォームプランを明確に完成させた上で、リフォーム一括見積サービスを利用することで、はじめて業者の工事費用や対応を性格に比較することができるようになるのです。

 

プラン作成のために、最初の一社は工事を依頼しない前提でも構わない

@<「とはいえ、リフォームに関しての知識には疎いし、できれば本職の人にアドバイスを貰いながらリフォームの計画を立てていきたいなあ…」

リフォームを検討している人たちの中で、このように考えている人は少なくありません。
少なくとも、その考え方は間違っていません。むしろ正解に近いと言えるでしょう。

リフォームに携わっている人にとっては常識のような工事でも、工事のやり方がわからなければ思い浮かばない住宅のリフォーム方法もたくさんあります。

変に気になったリフォーム業者があった場合、一括で見積をとる前に「まず一社だけ」コンタクトを取ってみて、見積依頼をしてみましょう。その際は、工事をしない前提でも構いません。

そうして現場調査を行った上で、プロであるリフォーム業者の知恵を借りながら、自宅でどんな工事をすれば、どんなリフォームが出来るのか、こういうことをするためにはどういうリフォームを行えばいいのかなど情報収集を行うことが、正確な比較をする上で一番重要なことなのです。

 

2回目以降の見積依頼はリフォームのプランを明確化できてから

注意が必要なのが、最初の一社の見積依頼をした後、間をおかずに次の業者に見積依頼をしてはいけないということです。

「善は急げ」「鉄は熱いうちに打て」とは言いますが、リフォーム工事の見積もりの場合、検証をしっかり行わなければ「まず1社だけ」から情報収集をした意味がありません。

最初の1社への「コンタクト(見積依頼)→現場調査→見積書の提示」というプロセスを経て、以下の様な検証を行ってから、2回目以降の見積依頼へと進んでいく必要があるのです。

  • 自宅でどんなリフォーム工事を行うのか
  • 予算の範囲内で費用が収まるかどうか
  • リフォーム工事の優先順位はどうか(削って構わない工事、これだけは譲れないという工事)

 

1社目にコンタクトを取った業者の見積書の金額や工事内容を、自分や家族間で検証を行うことで、実現したいリフォームの工事内容と予算を明確化し、プランを立てることが出来ます。

最初の1社目は言わば、そのたたき台としての意味もあるのです。
理想のリフォーム工事のプラン作成が完了した後、2社目、3社目・・・とコンタクトを取り、見積依頼をしてください。

そうすることで、はじめて全てのリフォーム業者を対等な条件で「比較検討」することができるようになるのです。

 


本命の業者への見積依頼は最後に行おう

もしも、自分の中で「できるなら、この業者にリフォームを依頼したい!」と、工事を依頼するにあたって本命のリフォーム業者がある場合も、複数業者に見積を依頼することをオススメします。

ただし、その業者には他の業者への見積依頼が全て終わってから最後にコンタクトを取って見積依頼をするようにしましょう。

既に業者を決定しているのなら、「その業者から最初に見積をとっておいて、予算外だったら一括見積サービスを利用すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、実は複数業者に見積を依頼することによるメリットは、業者選定の基準以外にもあるのです!

リフォームで実現したい工事内容の中は、各業者に見積依頼をする中で、思いついたり発見する新しい工事も次々追加されてくることでしょう。

1社目、2社目、3社目と見積依頼をしていくことで、リフォームは考え始めた当初から自分の頭の中にあったものの他にも、各業者と一緒に現場調査をしている最中に思い浮かんだものや、オススメされたものなどの「追加でやってみたくなった工事」というものが必ず出てくるものです。

そういう内容を含んだ、一番深くまで考慮された工事内容の見積依頼を本命にお願いすることができるのは、たくさんの業者と一緒に現場を調査した後だから可能になるのです。

本命の業者が決まっているのなら、全ての工事条件が出揃った段階で見積依頼を行うことにより、「ほかの業者ではこの金額で工事が出来ると言われたのですが・・・」等というように、今までの見積を値切りの交渉材料にすることも可能になります。

また、回数をこなすことで「見積依頼→現場調査→見積書の提示」といった見積依頼の流れにも慣れるため、本命の業者が「他のリフォーム業者と比べて態度や提案内容を含めて“本当にいい業者”なのか」といった部分も判断できるようになります。

これらの点を考慮して、リフォーム業者をしっかりと選定するには、本命が決まっていても複数の業者から見積を取っている必要があるのです。

 

まとめ

チェックポイント!

リフォームで実現したいことを明確にしプランを立ててから一括見積サービスを利用しよう
工事を依頼しない前提でも構わないから、まず一社から見積を取り、自宅でどんな工事をすればどんなリフォームが出来るか、といった情報収集を行おう
本命のリフォーム業者があれば、他の業者の見積が全て終わってからコンタクトを取るとメリットがある。

リフォーム工事の一括見積サービスとは、そのサイトが紹介できる複数のリフォーム業者に一括で見積を依頼できるサービスです。
悪質な業者等を避けて見積を依頼できるため、業者の調査に回すはずだった労力を削減することができる便利なサービスと言えるでしょう。

このサービスを最大限に有効活用するためには、少しだけ注意点があります。

まず、リフォームで実現したい部分を明確にプラン立ててからサービスを利用することです。

ざっくりとしたイメージしかない状態で見積依頼をしても、業者ごとに解釈が変わってしまうため正確な比較検討を行うことができません。自分自身や家族間でしっかりとプランを立ててから、サービスを利用するようにしましょう。

プランを立てるのに有効な手段のひとつとして、工事を依頼しない前提でもかまわないので、まず1社から見積をとるということが挙げられます。

依頼者はリフォームのプロではありませんから、工事の規模を自分で判断することができません。
そこで、まず1社に来てもらって、大まかなイメージを伝えながら、プロの目で提案してもらうことで、どんな工事をすればどんなリフォームが出来るかという情報収集を行うことができるのです。

1社目の見積が終わったら、即座に2社目に依頼するのではなく、しっかりと検討を行いましょう。
1社目からの見積をたたき台に、ブラッシュアップしたプランを持って、2社目、3社目と見積を受け取ることで、しっかりとした比較ができるようになるのです。

また、本命のリフォーム業者が決まっている場合も、複数業者から見積をとるメリットはあります。

それは、工事内容が洗練されているという点、交渉材料ができるという点、そして質のいい業者かを選別する目が出来上がるという3点から言えるでしょう。

最初のメリットは、複数業者と現地調査をすることにより新たに追加されたアイディアを含んだプランを見積もってもらえるところです。

次に他社の見積もりがあれば、「この業者ではこれくらい安かった」という交渉材料になるというメリットが挙げられます。

そして最後の点は、態度や提案内容をたくさん見てきた目が、本命業者を“本当にいい業者”なのかを見極められるという意味です。

いずれにしても、リフォームを行う前には複数の業者から見積もってもらうのはセオリー中のセオリーです。業者を探し出すのなら、自分でしらみ潰すのではなく、一括見積サービスを利用するのも一つの手段なのかもしれませんね。

おすすめリフォーム業者ランキング

オススメ1位 タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム「住友林業の新築そっくりさん」「積水ハウスグループの積和建設埼玉」「パナソニックリフォーム」「住友林業のリフォーム」、誰もが一度は見聞きしたことがある大手リフォーム業者から無料で工事見積とリフォームプランを作成してもらうことができます。

加えて、国土交通省発行の建設業許可の取得」等、厳正な審査基準をクリアする必要があるため、地域のリフォーム業者であったとしても、知識・技術・経験が揃った優良なリフォーム業者が数多く登録されています。

またタウンライフリフォームでは見積依頼時に図面や写真の添付もできるため、はじめから自宅の状況や詳細な工事条件を知らせて複数のリフォーム業者に見積やプランの作成を依頼が可能です。

大手リフォーム業者、中小リフォーム業者それぞれの工事費用やプラン作成の特徴や提案力をハッキリと比較することができるため、リフォーム業者を選ぶ上での判断基準や情報収集を行うために最適なサービスと言えるでしょう。

 

オススメ2位 ベスト@リフォーム

ベスト@リフォームは株式会社ウェイブダッシュ(1990年創業以来ウェブサービスを中心に事業展開を行っている会社)が運営している、無料でリフォーム資料・カタログの請求を申し込むことができるサイトです。

「住友不動産の新築そっくりさん」「ミサワホームイング」「土屋ホームトピア」等と、日本でもトップクラスの実績と地名度がある大手・優良リフォーム業者から資料・カタログを一括で取り寄せることができます。

見積依頼や調査依頼ではなく、あくまで「資料・カタログ請求依頼」なのでリフォーム業社側があまりガツガツした営業を仕掛けて来ないのがこのサービスの特徴と言えるでしょう。

「リフォームを本格的に考えているわけでは無いけど、まずは手軽に情報収集を行いたい。」と考えている方にオススメなサービスです。

 

オススメ3位 リフォーム・オウチーノ

リフォーム・オウチーノは大手企業の登録はそこまで多くありませんが、地域のリフォーム業者を中心に、建設許可証の取得、賠償責任保険の加入等厳しい審査基準をクリアしたがリフォーム業者が400社以上参加しています。

また「匿名見積」に取り組んでいるため、住所や電話番号等の情報入力せずにリフォーム業者とやりとりすることができます。自分から業者にコンタクトを取らない限り、業者から電話やアポ無し訪問等のアプローチをされることもありません。

加えてインターホン交換や宅配ボックスの設置、室内物干し設備の設置等、小規模な工事でも対応している業者も多いため、匿名でリフォーム業者とやりとりしながら工事費用等の情報を得る使い方もオススメです。

 

sponsored link
sponsored link

関連記事



-計画と準備, 【リフォームの流れ】, 業者の選び方, 見積依頼と現場調査

Copyright© プチリフォ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.