計画と準備 【リフォームの流れ】

リフォームの打ち合わせで理想や要望を正しく、正確に伝える3つのコツ

更新日:

リフォームの打ち合わせでは、どういうことが行われるか知っていますか?

リフォームの打ち合わせで焦ってしまい、じっくり考えずに決断したり要望を上手くリフォーム業者に伝えられなかったりして、思ったようなリフォームができないということは少なくありません。
リフォーム業者は、あなたの工事以外にも現場を抱えているため、完璧なフォローをすることができませんから、自分の身は自分で守るしかないのです。

ですが、安心してください。打ち合わせの前に予め準備さえしておけば、慌てずに対応することも容易です。

この記事では、リフォームの打ち合わせの際に要望を正確に伝えるコツと、パニックにならないための準備や心構えについてご紹介します。

この記事でわかること

 リフォームの打ち合わせで要望を正しく正確に伝える方法
 リフォームの打ち合わせでパニックにならないための準備と心構え

 


リフォームの打ち合わせは決めなければいけないことが多い

リフォーム工事の打ち合わせではどんなことを決めることになるのか、ご存知でしょうか?

リフォーム工事の打ち合わせは、想像以上に決めなければいけないことが多いのです。

カンタンな打ち合わせで終わると思って何も考えずに打ち合わせに臨むと、リフォーム業者の言いなりになってしまい、理想のリフォーム工事ができないかもしれません。

例えば、キッチン交換一つをするにしても、以下のような事を決める必要があります。

 リフォームの打合せで決める必要があることの実例

① 交換するキッチンのメーカーとグレード
② 「食洗器機能」等、キッチンのオプションでつけられる機能を追加するかどうか
③ キッチン周りに付くキッチンパネルの色や材質
④ キッチンの吊り棚、収納扉の配置や形
⑤ キッチンの吊り棚、収納扉の色や材質

事前に自分が理想とするリフォームのイメージを固めておく必要がある

前述の通り一つの部位のリフォームだけピックアップしても、これだけ多くのことを決める必要があります。

その上実際のリフォームでは、それに加えて

  • 浴室・トイレの仕様
  • 壁紙の種類・クッションフロアの種類
  • その他細かい工事の確認等

も同時進行で打ち合わせを行い、決定していく必要があるのです。

そんな中で、自分の思い描いていた「理想のリフォーム」を実現する最も単純な方法は、予め打ち合わせ前から自分が理想とするリフォームのイメージを固めておくことです。

つまり打ち合わせの前に、リフォーム業者に要望を伝えるための準備をしておくことが必要不可欠なのです。
そこで、次項では、リフォームの要望を上手に伝えるための3つの方法を紹介していきます。

 

リフォームの要望を上手に伝える3つのコツ

画像検索を活用する

打ち合わせ前にイメージをはっきりさせておく必要があるとはいえ、リフォームに詳しい人で無ければ自宅のリフォーム後の姿を想像するのは非常に難しいでしょう。

また、運よく想像できたとしてもそれを口に出してリフォーム業者に説明することはさらに困難です。

そんなときは、画像検索のお世話になりましょう。
「Google画像検索」は、キーワードを入力すると他の人が過去に行ったリフォームの実例を一覧で見ることができます。

画像検索のメリットは大きく2つ。

  • 自宅の間取りに近い画像を参考にすることで、リフォーム後の自宅の姿を具体的にイメージすることができる
  • 自分の理想に近い画像があれば、「モダンなイメージで…」等と言葉ではあいまいにしか説明出来なかった設備や内装の色や材質などを具体的に提示することが出来る。

以上のメリットを活用することで、イメージを固めるだけでなく、打ち合わせもスムーズに進行させることができます。

画像検索はいわば「リフォームの見本」を一度にたくさん見ることができる“宝の山”。

その上、無料で使用できるわけですから活用しない手はありません。
気に入った画像や自分の思い描いている理想に近い画像を見つけたら、スマホやタブレットに保存したり、印刷してファイリングしておきましょう。

打ち合わせ時にそれを提示すれば、具体的にリフォームの要望を伝えることが出来るのです。

 

一度の打ち合わせで全てを決断しない

リフォーム業者の立場では、打ち合わせは出来るだけ短時間で終わらせたいものです。

彼等が抱えている工事現場は、あなたの自宅一つではありません。そのため「打ち合わせには、あまり時間を割きたくない」というのが多くのリフォーム業者の本音と言えるでしょう。

そういうわけで、打ち合わせではリフォーム業者から「この設備の使用はどうしましょうか?」といった質問を次々投げかけられ、全てをその場で決めなければならないような雰囲気になってしまうことも少なくありません。

前述したとおり、リフォームの打ち合わせでは一度に沢山のことを決断していかなければいけませんから、矢継ぎ早に質問された結果、試行錯誤しているうちにパニックになってしまう人も多いのです。
そんな中で打ち合わせが終了してしまったら、理想のリフォームなどできるわけがありません。

そこで、こう考えてみてはいかがでしょうか。
“リフォームの打ち合わせでは、一度で全て決める必要はない”

そもそも“打ち合わせは一度しか行ってはいけない”というルールなどありません。
「一度冷静になってから、家族だけで実際に自宅の状況を見ながら話し合ってみます」と、一言申告し、2回でも3回でも打ち合わせをしてもいいのです。

このように何度も打ち合わせを重ねていくことで、理想のリフォームを成功させる可能性をグッと高くすることができるのです。

 

見本帳やカタログがあれば借りてみよう

 見本帳とは

キッチンパネルや浴室パネル、壁紙の柄や色などの実物を小さく切り取ったサンプルを種類ごとに貼り付け一覧できるように本にしたもの。

打ち合わせでリフォーム時に使用する材料の材質や色を決める際は、必ず「見本帳」と呼ばれるカタログを見せられ、そのサンプルの中から使用する材料を選択することになります。
見本帳とはその名の通り見本となるサンプルが多数貼り付けてある本です。

たとえば、選択するキッチンの扉やパネルの色、壁紙の柄や色で室内のイメージは大きく変わります。そこで「使用材料の決定」はリフォーム工事でも多くの人が頭を悩ませることになるのです。

しかし、見本帳だけ渡されても、眺めているだけでは何もはじまりません。逆に見本帳を上手に使えば、完成後のイメージをかなりつかむことができます。

そこでここでは見本帳の基本的な使い方を紹介します。

使用材料を決定する過程で特に大事なのが、見本帳のサンプルをリフォーム予定の壁や床にあてがってみることです。

小さいものでも実際に使用することになる材料をあてがうことで、「あの柄なら合う、この色だと合わない」といった具合に、具体的にリフォーム後のイメージを膨らませることが可能になるのです。

しかし、打ち合わせ時にリフォーム業者の担当者がいる前で、そういった作業を延々続けるのは、気がはばかられるもの。

そこで「何日かだけでいいので、見本帳を貸していただけないでしょうか?」と一言伝えてください。ほぼ大抵の業者は快く承諾してくれるはずです。

「使用材料の決定」は打ち合わせも最終段階に近い作業です。後悔のない選択をするため、見本帳を借りて、家族で納得できるまでじっくり話し合いを続けることが大事なのです。

 


まとめ

チェックポイント!

「Google画像検索」を上手に利用して、理想とするリフォームのイメージを具体的にする
着工前のリフォーム工事の打ち合わせは2~3回程度行うのが当たり前。一度の打ち合わせ焦って全てを決めないようにする
使用材料の「見本台帳」は」一度に沢山の柄やカラーのサンプルを一覧することができる。見本帳を活用しながらリフォームを行うこと

リフォーム工事が思ったとおりにいくかどうかは、着工前の打ち合わせにかかっています。

この打ち合わせで要望を正確に伝えることができなければ、どんなに工事が上手くいっても、理想のリフォームになることは絶対にありません。
予めしっかり準備をして、落ち着いて正しく要望を伝えましょう。

口で伝えると、どうしても同じイメージを共有することが難しくなります。
「Google画像検索」でリフォームのイメージを具体的にして、打ち合わせでもその画像を利用して固まったイメージを共有するといいでしょう。

またリフォーム工事の打ち合わせは1回で行う必要はありません。2~3回程度行うのが当たり前なのです。
1度で決めようと焦らないで、何度も打ち合わせを重ねることが大切です。

使用材料の「見本台帳」は、ただその場で見るのではなく、実際に使用する部分にあてがって使うと、完成時のイメージをよりつかむことが出来ます。上手に活用しながらリフォームを行うといいでしょう。

準備を整え、慌てずに行えば、打ち合わせも上手くいくものです。

それでも心配なときは、「一度で全部決めないでもいいんだ」という意識を持って臨む様にしましょう。

おすすめリフォーム業者ランキング

オススメ1位 タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム「住友林業の新築そっくりさん」「積水ハウスグループの積和建設埼玉」「パナソニックリフォーム」「住友林業のリフォーム」、誰もが一度は見聞きしたことがある大手リフォーム業者から無料で工事見積とリフォームプランを作成してもらうことができます。

加えて、国土交通省発行の建設業許可の取得」等、厳正な審査基準をクリアする必要があるため、地域のリフォーム業者であったとしても、知識・技術・経験が揃った優良なリフォーム業者が数多く登録されています。

またタウンライフリフォームでは見積依頼時に図面や写真の添付もできるため、はじめから自宅の状況や詳細な工事条件を知らせて複数のリフォーム業者に見積やプランの作成を依頼が可能です。

大手リフォーム業者、中小リフォーム業者それぞれの工事費用やプラン作成の特徴や提案力をハッキリと比較することができるため、リフォーム業者を選ぶ上での判断基準や情報収集を行うために最適なサービスと言えるでしょう。

 

オススメ2位 ベスト@リフォーム

ベスト@リフォームは株式会社ウェイブダッシュ(1990年創業以来ウェブサービスを中心に事業展開を行っている会社)が運営している、無料でリフォーム資料・カタログの請求を申し込むことができるサイトです。

「住友不動産の新築そっくりさん」「ミサワホームイング」「土屋ホームトピア」等と、日本でもトップクラスの実績と地名度がある大手・優良リフォーム業者から資料・カタログを一括で取り寄せることができます。

見積依頼や調査依頼ではなく、あくまで「資料・カタログ請求依頼」なのでリフォーム業社側があまりガツガツした営業を仕掛けて来ないのがこのサービスの特徴と言えるでしょう。

「リフォームを本格的に考えているわけでは無いけど、まずは手軽に情報収集を行いたい。」と考えている方にオススメなサービスです。

 

オススメ3位 リフォーム・オウチーノ

リフォーム・オウチーノは大手企業の登録はそこまで多くありませんが、地域のリフォーム業者を中心に、建設許可証の取得、賠償責任保険の加入等厳しい審査基準をクリアしたがリフォーム業者が400社以上参加しています。

また「匿名見積」に取り組んでいるため、住所や電話番号等の情報入力せずにリフォーム業者とやりとりすることができます。自分から業者にコンタクトを取らない限り、業者から電話やアポ無し訪問等のアプローチをされることもありません。

加えてインターホン交換や宅配ボックスの設置、室内物干し設備の設置等、小規模な工事でも対応している業者も多いため、匿名でリフォーム業者とやりとりしながら工事費用等の情報を得る使い方もオススメです。

 

sponsored link
sponsored link

関連記事



-計画と準備, 【リフォームの流れ】

Copyright© プチリフォ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.