キッチン(台所)のリフォーム 浴室(お風呂)のリフォーム 【リフォームの基礎知識】 トイレのリフォーム

リフォームの「水回りセット」等の激安パック料金のからくり

投稿日:2017年7月11日 更新日:

リフォームの広告は、郵便受けにいつの間にかポスティングされていたり新聞にチラシとして挟まっていたりと、見かける機会も多いのではないでしょうか。

その中でよく謳われる「激安パック」は、これからリフォームに取り組もうと考えている方にとって、なかなかに魅力的なサービスです。
リフォームにはかなりの費用が必要ですから「水回りの○つの工事がセットで△万円!」と聞くと、飛びつきたくなるものです。

しかしこのセット料金、本当に安くなっているのでしょうか?
家電量販店の安売りセールで行われるセット料金は元の値段を知っているから安くなっていることが理解できます。工事費用はともかく材料などの元の料金を一般人が知っているわけがありません。

そのため激安パックと言われても、本当はどのくらい得をしているのかはわからないのです。
それどころか激安パックという名前に踊らされて、損をしてしまっている可能性すらあります。

この記事ではリフォームの激安パックの料金設定のからくりを知り、適正なリフォーム料金を判断する方法をご紹介します。

この記事でわかること

 リフォームの激安パックの料金設定のからくり
 適正なリフォーム費用を判断する方法

価格設定のからくりをしらないとリフォーム業者の思うつぼ

リフォームのチラシによく記載されている「トイレ・浴室・キッチン水回り3点セット工事費込“90万円~”」とパッケージされた広告があります。
スーパーや家電量販店のチラシのノリで思わず「安い!」と反応してしまいそうになりますが、チラシを片手にリフォーム業者へ問い合わせの電話をかけるのはちょっと待ってください。

安すぎる価格設定には罠が潜んでいるのです。
リフォーム業者も仕事ですから、価格設定の仕組みやからくりを知らない顧客なら利益を多く取れると手招きしている場合があるのです。
何も知らずに電話をかけてしまっては、業者の思うつぼ。最終的に損してしまう可能性があります。

 

低グレードの製品価格を基準に広告を作成している場合がある

先述した「トイレ・浴室・キッチン3点セット工事費込“90万円~”!」というパックを例に出して説明します。

実は、この「“90万円~”」の「~」に価格設定のからくりがあるのです!「~」ということは、90万円という金額が最低価格ということを表します。

つまり、この金額で工事をしてもらおうとすると、最低ランクのグレードの設備をチョイスされてしまうということ。
リフォームすることで実現したい機能や性能を備えた製品を選んでいくと製品のグレードが上がり、最終的に広告とはかけ離れた普通の工事費用になってしまう可能性があります。

激安パック料金の広告を確認する際には、使用される製品名やグレードの記載があるか必ず確認しておきましょう。

 

同じ製品名でもサイズや形状によって価格は大きく異なる

画像出典:TOTO クラッソ

仮に広告に製品名が記載してあったとしても油断は禁物です。キッチンや浴室などの住宅設備は、製品グレードだけでなく様々な住宅構造の状況に対応するため、同じ製品名でも複数のサイズや規格のタイプが製造販売されています。(画像参照)

当然、同名の製品であっても、小さな規格の製品よりは大きい規格の製品の方が購入・取り付け費用が多くかかることになります。

業者に問い合わせの電話をかける際には、この点もよく理解したうえで行わないと、上手く丸め込まれてしまいますから注意が必要です。

 

複数の業者に見積を取ることで適正価格がわかる

このような業者を避け、工事の見積もりが適正価格かを判断するために最もいい方法は、別のリフォーム業者にも同じ内容で見積もりを依頼することです。

とはいえ、激安パックの業者の言いなりのままでは同じ内容で見積もってもらうことはできません。
その業者の見積もった製品の「メーカー」、「グレード」、「品番」、「規格(サイズ)」などを明らかにしておかなければ、別の業者にその製品を使用した場合の見積もりを依頼することができないのです。

手間はかかりますが、同じ内容でもう一社の見積もりを取れば、工事見積もりが適正なものかどうか、自分が騙されていないかを判断することができるのです。

チェックポイント!

リフォームのパック料金は「最低グレードでの工事」の金額で表記されている場合がある
リフォームで使用される設備のメーカー、製品名、品番、規格(サイズ)を確認した上で、見積もりを出してもらう
リフォームで使用する製品を明確にした上で、もう一社追加で比較見積を取ることで、適正な工事費用を判断できるようになる

激安パックを謳った広告には、それなりのからくりが存在しています。それを理解せずにリフォーム工事を申し込んでは、最終的に大きな損をしてしまう可能性があります。

まずリフォームのパック料金の広告に記載されている料金は「最低グレードでの工事」の金額であることが多いと把握しておきましょう。

実際に自宅で使用したい性能を実現しようとすると、それ以上の価格になってしまいます。
悪徳な業者になると、製品グレードを上げる際に、必要以上に自分達の利益分を加えてくるので、自衛のための手段を講じる必要があるのです。

そのためにも、リフォームで使用される設備のメーカーや製品名、品番、規格(サイズ)は業者にしっかりと確認しておき、その上で見積もりを出してもらうようにしましょう。

これは、同じ製品を使用して別の業者に見積もりを依頼するためです。
二つの業者の見積もりを比較すれば、適正な工事費用かどうかが一目瞭然です。悪徳業者に騙されないためにも、少々手間ですが別業者の見積もりを得ることは肝心なのです。

パック広告を出しているのは悪徳業者ばかりではありません。しかしリフォーム工事は高額なので、自己防衛のためにも、価格設定のからくりを知った上で、複数の業者に見積依頼をとるようにしましょう。

 

おすすめリフォーム業者ランキング

オススメ1位 タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム「住友林業の新築そっくりさん」「積水ハウスグループの積和建設埼玉」「パナソニックリフォーム」「住友林業のリフォーム」、誰もが一度は見聞きしたことがある大手リフォーム業者から無料で工事見積とリフォームプランを作成してもらうことができます。

加えて、国土交通省発行の建設業許可の取得」等、厳正な審査基準をクリアする必要があるため、地域のリフォーム業者であったとしても、知識・技術・経験が揃った優良なリフォーム業者が数多く登録されています。

またタウンライフリフォームでは見積依頼時に図面や写真の添付もできるため、はじめから自宅の状況や詳細な工事条件を知らせて複数のリフォーム業者に見積やプランの作成を依頼が可能です。

大手リフォーム業者、中小リフォーム業者それぞれの工事費用やプラン作成の特徴や提案力をハッキリと比較することができるため、リフォーム業者を選ぶ上での判断基準や情報収集を行うために最適なサービスと言えるでしょう。

 

オススメ2位 ベスト@リフォーム

ベスト@リフォームは株式会社ウェイブダッシュ(1990年創業以来ウェブサービスを中心に事業展開を行っている会社)が運営している、無料でリフォーム資料・カタログの請求を申し込むことができるサイトです。

「住友不動産の新築そっくりさん」「ミサワホームイング」「土屋ホームトピア」等と、日本でもトップクラスの実績と地名度がある大手・優良リフォーム業者から資料・カタログを一括で取り寄せることができます。

見積依頼や調査依頼ではなく、あくまで「資料・カタログ請求依頼」なのでリフォーム業社側があまりガツガツした営業を仕掛けて来ないのがこのサービスの特徴と言えるでしょう。

「リフォームを本格的に考えているわけでは無いけど、まずは手軽に情報収集を行いたい。」と考えている方にオススメなサービスです。

 

オススメ3位 リフォーム・オウチーノ

リフォーム・オウチーノは大手企業の登録はそこまで多くありませんが、地域のリフォーム業者を中心に、建設許可証の取得、賠償責任保険の加入等厳しい審査基準をクリアしたがリフォーム業者が400社以上参加しています。

また「匿名見積」に取り組んでいるため、住所や電話番号等の情報入力せずにリフォーム業者とやりとりすることができます。自分から業者にコンタクトを取らない限り、業者から電話やアポ無し訪問等のアプローチをされることもありません。

加えてインターホン交換や宅配ボックスの設置、室内物干し設備の設置等、小規模な工事でも対応している業者も多いため、匿名でリフォーム業者とやりとりしながら工事費用等の情報を得る使い方もオススメです。

 

sponsored link
sponsored link

関連記事



-キッチン(台所)のリフォーム, 浴室(お風呂)のリフォーム, 【リフォームの基礎知識】, トイレのリフォーム

Copyright© リフォームとDIYの基礎知識 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.