[最終更新日]2017/05/05

弦交換が超簡単に?!ロックペグに交換しよう! その①

image

 

今回は、割とお手軽にできてしまうギターのカスタム講座として、「ロックペグ」への交換を記事にしたいと思います。

 

 

sponsored link

 

 

ロックペグに交換するメリット

 

 

「ロックペグ」に交換するメリットとして、弦交換が物凄く手軽になる事が挙げられるます。

 

 

普通のペグは、弦を穴に通してペグを回すことによって、弦を巻き取るようにして弦を引っ張りますよね?
ロックペグの場合は、弦を穴に通す過程までは変わりませんが、ペグを回す事で、穴の下から台座がせり上がって来て、ペグの穴に弦を挟んでロックしてしまうのです。

image

 

 

 

ロックされた後、そのままペグ回せば通常のペグと同じ要領で弦を挟んだままペグの頭が回転するので、最低限の巻き数でチューニングができるのです。

image

※この程度の巻き数で、ピンと弦を張れてしまいます。

 

 

「ロックされている事」と「最低限の巻き数テンションを合わせられる事」でチューニングも狂いずらい、これもロックペグのメリットですね。

 

 

メリットは解ったけど、んじゃーどうやって交換すればいいんだってばよ?!って方、少し落ち着きましょうw

 

ペグには色んな形状がありますから、今ついているペグの形状を調べる事。
その下調べがペグ交換において一番の肝です。

 

どこをどう調べればいいのか?それは次回の記事でお話しましょう!

 

 

弦交換が超簡単に?!ロックペグに交換しよう! ②ペグを購入する前の確認事項

 

ロトマチックタイプのペグ交換方法

 

クルーソンタイプのペグ交換

 

 

sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP