[最終更新日]2017/05/05

風呂場にこびり付いたシミのようなガンコな汚れを完璧に落としてみた!

 

購入した中古住宅のリフォーム箇所を紹介シリーズ!

中古住宅を低予算(100万円)でリフォーム! 改修箇所を紹介します!

 

今回は浴室のクリーニング編です!

 

sponsored link

 

 

どうしても落ちない、浴槽についたガンコな汚れ・・・

image

image

浴槽にこびり付いた超頑固なシミみたいになってる汚れ。これ、もはや通常の風呂用洗剤を使っても落ちないんですよね。家にあったバスマジックリンを吹き付けて1時間放置してから擦っても汚れは落ちる気配はありません。

 

そこで用意したのがこの「バスター100」です!私は仕事でこの製品を使用する事があるんですが、あまりにも汚れが落ちるので、高いけど思い切って自宅様に購入しました。
image
要は浴槽の石鹸汚れや脂垢・水垢を落とすためだけに開発された業務用洗剤です。

 

バスター100の使い方

 

バスター100は汚れ具合に応じて1~10倍に希釈して使用します。今回は汚れが酷いために原液のまま使う事に・・・。

 

image

image
液体をハケに付けて、汚れ面に塗布していきます。

 

 

10~15分程放置すると、壁面の頑固な汚れがふやけてきます。後はスポンジやブラシで擦れば・・・。

 

image
あんな頑固だった汚れがツルッと落ちて行きます(゚Д゚;)

 

シミの様にこびり付いていた汚れが無くなり、新品のようにピカピカに!

image

image
Before

 

image

image
After

 

もはやシミの様にこびり付いて落ちなかった頑固な汚れが落ち、浴槽が新品の様にピカピカな姿を取り戻しました( ;∀;)

 

さすが、業務用洗剤。普通の洗剤では落とせないお風呂場の汚れも何のそのです。

 

バスター100」、ずっと長く使えるので、一家に一個置いておく事をオススメします!

 

sponsored link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

sponsored link

カテゴリー

アーカイブ

PAGE TOP