屋根・外壁工事

外壁下地(胴縁)の取付工事【木造住宅新築工事31~32日目】

投稿日:2018年11月19日 更新日:

こんにちは、ユウキです!昨日までの作業で玄関ドアや窓ガラスサッシの設置が完了しました。

ユウキ
玄関ドア・サッシ工事が完了したため、外壁工事を開始する準備が整いました。今日から2日間掛けて外壁下地(胴縁)の取付工事を行います!

外壁下地の取付工事

本日は、外壁下地(胴縁)の工事を行いました!

外壁下地(胴縁)

外壁下地工事では、上の写真のように、住宅の柱・間柱に透湿防水シートの上から厚さ15mm程度の胴縁と呼ばれる木材を打ち付けていく作業を行います。この胴縁の上から外壁材を固定していく事になるため、胴縁は外壁下地と呼ばれているのです。

また、このように外壁に胴縁を打ち付けて外壁を張り付ける施工方法は、外壁通気工法とも呼ばれています。

 外壁通気工法とは

木造躯体(柱)や構造用パネルの上に外壁下地(胴縁)がある事で、外壁下地と外壁材の間に「空気が流れる層(通気層)」が出来上がる。壁内で空気が流動することで水蒸気の発生を抑え、木造躯体を常に乾燥した状態に保ち、木造躯体を長持ちさせる環境を作る事ができる。

ユウキ
もし通気層が無ければ、外部の熱や冷気がそのまま室内に侵入してきてしまいます。外壁下地で通気層を作る事は、断熱効果を高める事に繋がるんです!

 

まず始めに、工事の前後写真をまとめて見ていきましょう!

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

ユウキ
だいぶ見た目に変化が現れたのをお分かりいただけたでしょうか!以下からは、各箇所の工事後の写真をもっと詳しくご覧頂きます!

 

各箇所の工事進捗状況

全景

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

複数の角度から全景を映した写真です。窓と胴縁が設置され、大きく印象が変わりましたね!

 

バルコニー周辺

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

バルコニー周辺にもびっしりと胴縁が取り付けられました。

 

フラワーボックス周辺

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

 

窓周辺

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

2階北側にある子供室付近を映した様子です。窓周りにも胴縁がズラッと取付けられています。

 

玄関付近

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

胴縁と外壁は直行して取り付けるため、胴縁が縦に取付られている箇所には外壁を横に張り胴縁が横に取り付けられいる箇所には外壁を横に施工していく事になります。

 

外壁周辺の複数角度から

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

 

基礎周辺

木造外壁下地工事(胴縁)

 

木造外壁下地工事(胴縁)

基礎外周部には「水切り」が設置されました。

 水切りとは

外壁から伝い落ちてきた水を外部へ誘導するために外壁下部に取り付けるアルミや鉄材の事。外壁材や土台を雨水から保護する役割を持つ。

ユウキ
なんとなく見栄えを良くするために付けた…のでは無く、それぞれの部材には取付をする意味があるんですね!

 

軒樋・竪樋・軒天周辺

木造外壁下地工事(胴縁)

鼻隠しに当たる部分です。後に化粧材を取り付けた後、軒樋が設置されます。

 

木造外壁下地工事(胴縁)

バルコニー側を上から映した所です。付き出ている塩ビ管にはバルコニーのオーバーフロー管と軒樋が接続される予定です。

 

木造外壁下地工事(胴縁)

木造外壁下地工事(胴縁)

バルコニー上の軒天部分には軒天材が取り付けられ塞がれました。

 

庇(ひさし)周辺

木造外壁下地工事(胴縁)

庇も軒樋部分と同じく、後日周囲が化粧材で仕上げらる予定になっています。

 

外壁下地(胴縁)取付工事が完了

木造外壁下地工事(胴縁)

外壁下地の取付工事が完了しました!着工から1月程度ですが、屋根・外装工事は順調に工事が進んでいっています!

ユウキ
外壁下地が完成したため、明日からはもう「外壁張り工事」を開始することができます!ぜひ続けてご覧ください!

関連記事をみる

-屋根・外壁工事

Copyright© 注文住宅ラボ , 2018 All Rights Reserved.