木造建築・内装工事

断熱材・石こうボード・電気配線工事の施工【木造住宅新築工事22日目】

投稿日:2018年8月23日 更新日:

こんにちは、ユウキです!前回までの作業で玄関ドアや各部屋の窓サッシ・ガラスの取り付けが完了しました!

ユウキ
木造住宅新築工事も今日で22日目です。1月も経っていないのにここまで工事が進むとは想像もしていませんでした!今日は一体どんな作業が行われるのでしょうか…

 

スポンサーリンク

断熱材・石こうボード・電気配線工事の施工

ユウキさん、こんにちは!本日も内装工事に着手し、壁面の断熱材・石こうボードの施工、電気配線工事を行いました!
現場監督
ユウキ
おお、何やら盛沢山ですね!
本日も内装工事が大分進行しました!さっそく工事前後の比較写真を見ていだだきましょう!
現場監督

木造新築工事の断熱材

おおおー!!壁一面が断熱材で埋め尽くされています!外部の透湿防水シートと木造構造の柱の間に断熱材を設けているんですね!これだけ隙間なく敷き詰められていれば断熱効果もかなり高そうです(´∀`)

 

木造新築工事の石膏ボード

実は断熱材の施工は昨日のサッシ工事と並行してある程度進めていました。昨日断熱材を施工した箇所は、既に石こうボードで内壁を仕上げています!
現場監督

 石こうボードとは

石こうを取材とした平らな板で、防火性、遮音性、加工性、寸法安定性に優れた材料である。その特徴から木造・軽量鉄骨住宅で壁や天井の内外装下地材として広く使用されている。

内装下地に使用される石こうボード

ユウキ
なるほど…住宅の「壁」のほとんどは石こうボードで作られているんですね。勉強になるなあ

 

木造新築工事の断熱材

木造新築工事の断熱材

ユウキ
すごい!断熱材と石こうボードが設置されて、住宅内部が本格的に出来上がっていくのがわかります!
ありがとうございます!続いて電気配線工事の様子をご覧頂きます
現場監督

 

電気配線工事

木造新築工事の電気配線工事

現場監督
まずは浴室天井の配線の様子です。浴室に隣接する洗面所にはブレーカーが設置され、更に浴室上部には点検口が設置されるため、浴室天井が電気配線の元締め部分になっているんです

 

木造新築工事の電気配線工事

浴室から伸びている電気配線は各部屋にの天井を這うように配線されていきます。

 

木造新築工事の電気配線工事

木造新築工事の電気配線工事

木造住宅新築工事のコンセントボックス

黒い部品は「コンセントボックス」と呼ばれる部品で、柱に固定され、後にコンセントが設置される土台になります。

ちなみにこのタイミングで電気配線工事を行うのにも理由があります。壁・天井面に石こうボードが張り終えた後だと、電気配線工事を行うことができないのです。新築工事における電気工事も、段取りが重要になります
現場監督

ユウキ
確かに、壁で塞がれてしまったら配線を通すことも出来ないですもんね、新築工事は色んな業者の仕事が複雑に関係していて、工事工程を組むのも大変そうだなあ…

 

各箇所の工事進捗状況

ユウキ
それでは、以下からは本日の工事後の各所の状況を詳しく見ていきましょう!

 

玄関

 

木造新築工事の石膏ボード

木造新築工事の断熱材

木造新築工事の防湿シート

室外側にも断熱材が施工されているのは「壁内結露」を防止するためだそうです(;゚Д゚)

 

360度写真

断熱材も石こうボードも張られていなかった玄関部分、前日までは和室側までの空間が突き抜けて見ることができていたのですが、石こうボードが施工されてすっかり「壁」面になりました。

 

洗面所

 

360度写真

洗面所にも断熱材・石こうボードが施工されました。

 

浴室

 

360度写真

ユニットバスが設置される浴室にも、しっかりと断熱材が施工されています。

 

階段ホール

 

360度写真

ホール部分も断熱材・石こうボードが施工されています。階段が設置されるのはまだ先のようです。

 

1階トイレ

 

360度写真

※コメント

 

台所

 

木造新築工事の筋交

木造新築工事の筋交

 

360度写真

台所周辺も続々と造作工事が進んでいます。

和室

 

木造新築工事の断熱材

木造新築工事の下がり壁

 

360度写真

物入れ・押入れ部分に石こうボードが施工され、収納空間がわかるようになっていました。

 

リビング

木造新築工事の断熱材

木造新築工事の断熱材

 

360度写真

前日までリビングに大量に設置されていた石こうボードが半分になっています。作業スピードに驚きですΣ(・□・;)

 

2階ホール

 

木造新築工事の断熱材

木造新築工事の階段

 

360度写真

※コメント

 

2階トイレ

 

360度写真

ウォークインクローゼット部分に壁が付くられ、壁開口部が無くなりホールとして一つの空間が出来上がりました。

 

2階洋室(主寝室)

 

木造新築工事の石膏ボード

木造新築工事

 

360度写真

主寝室も壁が次々と造作されていきます。「住宅はこうやって出来上がっていくんだなあ」と感心するばかりです。

 

2階洋室(子供室)

 

木造新築工事の断熱材

 

360度写真

 

小屋裏収納(ロフト)

 

木造新築工事の断熱材

 

360度写真

3畳の小屋裏収納(ロフト)は、建ぺい率の制限もあり、この部分は「居室」にすることが出来ませんでした。ですから、ここのスペースは「意図的に天井高を1.4m以下に設定した小屋裏収納」になっています。故に、断熱材も天井高1.4mまでの設置になっています。

 

2階ウォークインクローゼット

 

木造新築工事の石膏ボード

 

360度写真

ウォークインクローゼット内部も壁で全て仕切られ、上棟して間もないころは、2つのウォークインクローゼットは連続した1つの空間だったのでした。クローゼットはこのようにして作られんですね~(◎_◎;)

 

バルコニー

 

バルコニーの作業ですが、昨日までは半透明緑色の屋上防水塗料の中塗り工程までしか完了していませんでした。

前日までの様子

 

木造新築工事のバルコニー

木造新築工事のバルコニー

木造新築工事のバルコニー

耐久性・防水性に優れた上塗りトップコートが施工されました!「住宅のバルコニー」といった風貌になりましたね。施工後雨が降ってしまったのですが、床に浸透せず雨水を弾いているのがわかります。

 

バルコニーの防水塗料

外壁が施工される面と防水塗料の取り合い部分の写真です。こうやって見ると、塗料で仕上げたということがハッキリと見て取れますね(´∀`)

 

電気配線工事・断熱材、石こうボード張り工事が完了

ユウキさん!電気配線工事・断熱材、石こうボード張り工事が完了しました!
現場監督
ユウキ
今日も順調に工事が進んだようで何よりです。断熱材や石膏ボードが張付けられると、「工事現場→住宅」に移り変わる様子がハッキリわかって嬉しいですね!
ありがとうございます!明日の作業は各室の天井下地の造作と2階部分への排水管工事を行います!
現場監督

-木造建築・内装工事

Copyright© 我が家の新築体験談 , 2018 All Rights Reserved.