地盤改良・基礎工事

ベタ基礎工事④基礎立ち上がりコンクリート打設【木造住宅新築工事10日目】

投稿日:2018年5月4日 更新日:

こににちは、ユウキです!昨日の作業では基礎の立ち上がり部分に当たる箇所に型枠が取付られました。

ユウキ
木造住宅新築工事もついに10日目です。基礎工事も最終工程に入るようです。今回はどのように作業が進んでいくのでしょうか…

 

スポンサーリンク

基礎立ち上がり部分の型枠組み

ユウキさん、こんにちは!今日は予定通り基礎立ち上がり部分にコンクリートを打設する作業を行います!
現場監督
ユウキ
床にコンクリートを打った時みたいに、またポンプ車が見られるんですね!楽しみです!

 

コンクリートポンプ車のセットアップ

作業開始に伴いコンクリートポンプ車が到着しました。

 

ホースが延ばされていき、コンクリート打設の準備が整います。

 

基礎立ち上がりコンクリート打設作業開始

奥の方から順に、コンクリートが手際よく打設されていきます。

 

コンクリート打設中はバイブレーターを使用

ユウキ
すごく手際よく作業が進んでいきますね!でも、これ複数人で打設を周っている理由は何かあるのでしょうか?

良い質問ですね!複数人で回っているのは打設と同時に「バイブレーター」という振動工具を使用しているからだそうです。振動を与えることで、コンクリートが液状化し流動性が高くなり、コンクリートにとって不順な空気が抜け、密度が高い堅牢なコンクリートが完成するんです!
現場監督
 もしバイブレーターを使用していなかったら…

振動によるコンクリートの仕上げが不十分だと、コンクリートに大きな気泡が発生、クラックや割れの発生、等といった不具合が起こる可能性が高くなる。そのため、コンクリートの打設作業とバイブレーターの使用は必ずセットで行われる。

 

手作業でアンカーボルトを埋め込み

その後、各箇所へアンカーボルトが手作業で設置されていきます。

 

玄関土間コンクリート捨てコン打設

ユウキ
ん?玄関になる部分に少しだけコンクリートを流し込んでいるのは何故なの?

玄関土間部分には後日、型枠一杯にコンクリートを打設します。現段階ですべて打設してしまうと型枠が取り外せなくなってしまうため、今日は捨てコンのみを打設していきます。
現場監督
ユウキ
なるほど!工事の進め方にも順番があるのですね!

 

セルフレベリング剤の施工

ユウキ
あれ?打設が終わったコンクリートの上に何か流し込んでいるようですが、何をしているのでしょうか?

「セルフレベリング材」を施工しています。コンクリート打設後はどうしても若干の凸凹が発生するため、基礎の上端を水扁の取れた綺麗な仕上がりにするために、セルフレベリング材を流し込んでいるんです!
現場監督
 セルフレベリング材とは

自己水平性(セルフレベリング)をもったセメント材料。一定量を使用することで、平滑で水平の取れた仕上がりになる。

 

基礎立ち上がり型枠組みが完了

完成図面との比較

後は型枠を外せば、図面通りの基礎が出来上がります。ここまでくると、「いよいよここに新居が建つんだな」という実感が沸いてきますね!

 

コンクリート打設後の基礎全体の状態

ホールダウン金物やアンカーボルトがしっかりと設置されています。

 

玄関部分の状態

玄関土間になる部分に捨てコンが打設されています。中々迫力があります…。

 

アンカーボルトの状態

田植え式のアンカーボルト設置

ユウキ
そういえば…アンカーボルトの設置の仕方で気になった点があったのですが、手作業でのアンカーボルトの設置していますが、ずれたり曲がったりはしてしまわないのでしょうか?
そうですね…当社ではコンクリート打設直後に手作業でアンカーボルトを差し込む方法、俗にいう「田植え工法」を採用しています。
現場監督
ユウキ
「田植え工法」!?ネットで調べてみたことがあります…。今はアンカーボルトは鉄筋に留め具で固定する方法が主流となっていて、「田植え工法」は手抜き工事の代名詞のようなものだと書いてありました…!

確かに田植え式は昔ながらの工法と言えます。ですが、建築基準法に違反した手法では無く、手抜き工事ということは一切ありません!しかし、田植え式を採用することによって、以下のようなリスクがあるのは事実です。
現場監督
 田植え式アンカーボルト工法のリスク
  • 設置をする職人の技術によって、アンカーボルトの設置精度にばらつきが出る(ずれや曲がり等)
  • コンクリート打設と並行してアンカーボルトの設置を行うため、アンカーボルトの設置忘れが起こる可能性がある
当社の場合、熟練の職人がアンカーボルトの設置作業を行っています。正しい位置に、正しい個数、アンカーボルトを丁寧に設置していきますので、どうぞご安心ください
現場監督
ユウキ
そ、そこまで仰るなら信頼して仕上がりを確認してみます…。本当に大丈夫かなあ…

 

なるほど…確かに各箇所のアンカーボルトは直立にまっすぐ取付られているようです。

 

全体を見渡しても極端に大きく傾いている箇所は確認できませんでした。我が家の場合は、アンカーボルトは田植え式の設置でも特に問題は無かったようです(-_-;)

ご心配をお掛けしてしまい大変申し訳ございませんでした。本日の作業はここまでで完了です。いよいよ、明日は基礎全体の型枠を外していきます!
現場監督
ユウキ
いいえ、きちんとした職人さんの手で、しっかりと施工して頂けたようなので安心しました。明日はいよいよ、我が家の基礎全体の仕上がりが確認できるのですね!、まだ工事が始まって10日しか経ってませんが、いよいよと言ったところですね!

関連記事



-地盤改良・基礎工事
-, , , , , ,

Copyright© プチリフォ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.