地盤改良・基礎工事

ベタ基礎工事②基礎コンクリート打設【木造住宅新築工事8日目】

投稿日:2018年4月28日 更新日:

こんにちは、ユウキです!前回までの工事で土地に型枠と鉄筋が配置され、ついに住宅の基礎の姿が形となりました!

ユウキ
木造住宅新築工事も8日目です!基礎工事もいよいよ本番と言ったところでしょうか…どんな工程で基礎が完成していくのか楽しみです

 

スポンサーリンク

ベタ基礎へのコンクリート打設工事

ユウキさん、こんにちは!昨日までの作業で基礎の鉄筋配置と型枠の設置が完了しました!というわけで本日は、基礎工事のメインイベント「コンクリートの打設工事」を着工致します
現場監督
ユウキ
ついに我が家の基礎が出来上がるんですね!どのようにして基礎が造成されていくのか楽しみにしています!

 

コンクリートポンプ車のセットアップ

朝方、作業開始に伴いコンクリートポンプ車が到着しました。

 

基礎に向かってホースが延ばされていきます。いよいよ基礎へのコンクリート打設作業が始まるようです!

 

外周部分へのコンクリート打設

まずは基礎の外周部からコンクリートを打設していっています。

 

基礎全体へコンクリート打設

続いて、基礎全体へコンクリートを敷いていきます。平坦に、綺麗に、高い技術が要求されそうです…。

 

不陸部分の手直し

足場を作りながら、不陸(でこぼこ部分)を調整しています。こうやって綺麗な基礎に仕上がるのですね。

 

コンクリート打設工事が完了

完成図面との比較

コンクリート打設作業が済み、間取り図から部屋の完成イメージがかなりハッキリ想像できるようになりました。

 

コンクリート打設後の基礎全体の状態

 

至近距離から確認すると、型枠・鉄筋・コンクリートの迫力に圧倒されます。

 

基礎立ち上がり部分の状態

 

コンクリート打設後の給排水管状況

給排水管も、このようにコンクリートに埋め込まれています。塩ビ管が型枠に突き付けられていて、型枠が外れれば給排水管の出口が現れるようになっているんですね。

 

ホールダウン金物の状態

ユウキ
ん?この基礎から伸びている金具はいつの間に、何のために付いてあるんだろう?
それは「ホールダウン金物」と呼ばれる構造補強用の部材になります、コンクリート打設のタイミングで取付を行っていました!基礎コンクリートの埋め込まれ、土台と柱を連結することで、建物をより強固に固定するために取り付けられているんです!
現場監督

ホールダウン金物が基礎を貫通し柱に固定されている様子

 

ユウキ
なるほど、確かに数か所にホールダウン金物が設置されていますね…けど、設置されている箇所と設置されてない箇所の違いは何なのでしょうか??

ホールダウン金物は必ずしも全箇所の土台や柱に設置する必要はありません。構造上、強度に問題が発生しやすい箇所を中心に設置をする事になります
現場監督

 

現場監督
ユウキ様邸の場合、土地の南面で建物形状が狭くなるように設計されているので、形状が変わる箇所を中心にホールダウン金物を設置しているんです。

 

なるほど、確かに用途地域の関係で、LDKの部分は狭く作らざらるを得なかったんです。建物の形状が変わる部分は外部からの力が加わりやすいとのことで、補強金物を設置しているのですね!

 

以上を持ちまして、ベタ基礎へのコンクリート打設作業が完了になります!
現場監督

ユウキ
うおー!あとは型枠を外せば我が家の基礎は完成するんですね!!

ちょっと待ってください!実はまだ基礎の工事は完成していません!今はまだ文字通り地面にコンクリートをベタ打ちしただけです。明日からは、基礎の立ち上がり部分を造成し、建物の土台を形成する作業が始まります!
現場監督

ユウキ
な、なんだ…焦りは禁物ということですね 基礎立ち上がり部分がどんな風に出来上がるのか楽しみです!

 

-地盤改良・基礎工事

Copyright© 我が家の新築体験談 , 2018 All Rights Reserved.