リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

ギター初心者は基礎技術(ハンマリング、スライド、チョーキング等)を絶対に必ず身に着けなければいけない!!

time 2016/07/13

20150114b

 

こんにちは、yamadaa0217(@yamadaa0217)です。

 

「ギターを始めたばかりだけど、教本をみると『ハンマリング、プリング、グリス、スライド、チョーキング、etc…』スナック菓子みたいなネーミングのテクニックが沢山解説されている!正直こんなに技術が習得出来るとは思えないけど、必ず覚える必要があるの??」

 

ギターを始めたての初心者の方は、こんな風に疑問に思っている方が結構多いのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな「どこまでテクニックを身に付ければいいの?」という疑問にお答えしようと思います。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

ハンマリング、プリング、グリス、スライド、チョーキングは“ギターの音の全て“と言っても過言では無い!全て必修のテクニックである

 

はい、いきなり結論から言ってしまえば、「これらのテクニックは全部身につけなきゃダメ!」です笑

 

その理由は、ハンマリング、プリング、グリス、スライド、チョーキング等のテクニックは、“ギター等の弦楽器(以下ギター)特有の奏法“だからです。

 

これらの奏法を使わないならば、それはギターの音では無い!と言っても過言ではありません。

 

以下、その理由を奏法の紹介と共に一つずつ解説していきます。

 

①ハンマリング

右手で弾いた弦が振動している状態のまま、左手で弦を叩く様に押さえる事で、弦を弾くこと無く音程を変える技術。叩く事でしか音程を変えられない鍵盤楽器には出来ない奏法で、アタック音(弦を弾く音)が無く音程が変わるので独特の響きになる。

 

②プリング

左手で弦を引っ掻くようにして音を出すテクニック。通常右手でピックや指で弾くのとは違ったアタック音が出るので、こちらもギター特有の音が出せる。ハンマリングと併用される事が多い。

 

③スライド

「左手を決められたポジションから別の決められたポジションへスライド」させる事で音程を変える技術。弦をスライドさせている間の音階の異動が非常に滑らかなのが特徴。明確な音階しか存在しない鍵盤楽器には絶対に出来ない奏法。

 

④グリス

スライドとほぼ同様の技術だが、グリスの場合は不定のポジションから決められたポジションへ弦を滑らせるという違いがある。単調なフレーズでも、グリスを組み込みながら弾く事によって歌うようなフレーズにする事が出来るので、スライドより使用頻度は多い。

 

⑤チョーキング

左手で弦を意図的に引っ張る事で音程を変えるギター特有の奏法。弦を引っ張るスピードを変える事で、音程が移り変わる速度を調整でき、自在に操る事が出来れば奏者の感情を乗せるには最適なテクニックになる。ギターの表現において最も重要なテクニックと言っても過言では無い。

 

音程の移動が滑らかな音色こそがギターの魅力!基礎技術は必ず身に着けよう

 

それぞれ、ギターを弾く上で欠かせないテクニックだと言う事が理解して貰えたでしょうか?

 

ただ音階を並べるだけなら鍵盤楽器の方が得意で、綺麗な音を出す事が出来ます。

 

だから、ギターは鍵盤と同じ土俵で争ってはいけないんです。

 

ハンマリング、プリング、スライド、グリス、チョーキングを織り交ぜた、音階の移動が滑らかなギターらしい音色こそがギターの魅力なのですから。

 

「覚える事が多くてしんどいなあ」と初心者の頃は思ってしまいがちですが、これらのテクニックを当たり前に弾けるようにならない限りは、“ギターを演奏できる!“とは言い難いですからね。頑張りましょう!

 

ちなみに私は10年以上ずっと独学でギターの練習をしていますが、初心者の頃は下記の教則本が大変役に立ちました。

 

 

この教則本は、奏法の解説だけでなく、「こういう弾き方をしていると下手に聴こえてしまうぞ!」という耳が痛くなるような指摘までしてくれるので、初心者の頃に技術やコツを身に付ける際に大変オススメです。

 

それこそ、私も本当に本に穴が開くくらい読み倒しました笑

 

プロのミュージシャンが弾くギターの音色って、音色が滑らかで歌っているように聴こえますよね?それは上記で説明したような基礎技術をハイレベルに表現した結果なんです。

 

初心者の頃は思ったように「いい音」が出せず、練習も辛い事の方が多いですが、努力を続けれいれば、だんだん「プロっぽく」弾けるようになってきて、ギターを弾くのがどんどん楽しくなりますよ!

 

ギターに限らず、楽器は最初の努力と忍耐が肝心です。頑張りましょう!

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事