リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

副業としてブログで稼げるようになって芽生えた自立意識。会社に依存すること無く生きる術を身に着けたい

time 2016/05/25

 

2016年6月で早いものでこのブログを始めてから一年になります。

 

サラリーマンの私が「副業」として手掛けているこのブログですが、現在の月間PV数は5~6万、アクセス数は3~4万人程度になりました。(詳細はこのブログの運営記録を参照)

 

「月1~2万円程度でもいいから、お小遣い程度にでも稼げればいいなあ」と下心全開で始めたブログですが、開設から半年経った時くらいから集客も収益もメキメキ伸びて行って、今は本当にこのブログから毎月1~2万円程度の収益が発生しています。

 

副業単体での年収が20万円を越えれば確定申告を行わなければなりません。このブログも来年には間違い無く、ひょっとしたら2016年中の年収も20万円以上になり、確定申告が必要になる事でしょう。

 

そうなってくると、もはやこのブログは一つの“事業”と言ってもいい段階まで成長したんではないか。と自分では評価しています。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

ブログ運営をきっけかに「会社に依存せず生きて行きたい」という自立意識が芽生えた

cbcd72fc4336f15659191a19ccb93fc9_s

ブログ運営をきっかけに、小遣い程度でも自らの力で収益を上げられるようになって、自分の中で「会社に依存する意識」が劇的に少なくなったのを実感しています。

 

以前までは私も終身雇用をはじめとする日本の雇用制度を妄信し、「会社員・サラリーマンとして一つの会社に一生尽くすのが自分の“運命(さだめ)”!」みたいな思考の典型的な会社人間でした。

 

だったんですが、よくよく考えてみると、自分がいくら会社に尽くしても、一生かけて会社が自分の事を守ってくれるかと言えば、そうじゃないんですよね。

 

現実は、どこから沸いて来るかも知れない不祥事一つで、上場企業ですら簡単に吹っ飛んでしまいます。

 

ましてや私が勤めている会社は従業員数10数人の零細企業。不慮の事故等で首脳陣が働けなくなってしまったら、大口の取引先からは見捨てられ私のような一従業員は路頭に迷う事は間違いありません。

 

「安定」なんて幻想なんですよね。

 

現状、私は今の会社に不安がある訳ではありません。日々自分の成長を実感できて充実しているし、人間関係も良好、給料に不満もないため、仕事を辞めるつもりは無いです。

 

ただ、いつ何時、会社が傾き存続できない状況に陥るかは解りません。

 

会社に依存しすぎたサラリーマンは、守ってくれる後ろ盾が無くなった瞬間何も出来なくなります。現在の私もそうです。

 

だからこそ、会社が無くなったとしても、自分での力だけでも生きて行く術を今から身に付けていきたい、という自立意識が今強く芽生えているんです。

 

自分の身を守れるのは自分だけ。会社はお金を稼ぐ手段の一つでしかない

5f7379ba2228551dd75e088c7fdfeade_s

そのきっかけを与えてくれたのが、昨年から始めて、まさに今現在も「自らの力で稼ぐ」を体現しているブログ運営でした。

 

「自分の身を守れるのは自分だけ。会社はお金を稼ぐ手段の一つでしかない」

 

サラリーマンとして働く人間でも、これくらいの心構えで丁度良いのでしょう。

 

ブログを始めて1年、ちょっとした「事業」と言えるくらい集客も収益も順調で、まだまだメディアとしての規模は小さいですが、大きな可能性を感じています。

 

集客の規模も今の月間5万人から10万人、ひいては100万人規模まで展開できれば、広告媒体として巨大なパワーを発揮できるものになるでしょう。

 

全ては自分自身のために、今後5年でも10年でも掛けて、ブログという私の一つの事業を大切に育てていきたいですね。

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事