リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

文章を推敲しなくても、誤字脱字だらけでも、ブログで毎月1万円以上稼げてる件。多忙なサラリーマンブロガーは勢い任せでも更新し続ける事が大事。

time 2016/04/16

087920e8fc690b1cffd825521f5d14e6_s

「ビギナーのためのブログ講座!」みたいな記事を見ると、その多くで、投稿する前に書いた文章を「推敲」する事を推奨されています。

 

「推敲」とは、自分が書いた文章を何度も読み返し「ああでもない」「こうでもない」と修正を続ける作業。

 

私はアフィリエイト収入を目的とした雑記ブログを一年近く運営していますが、自分が書いた文章を「推敲」する事はありません。

 

それでも、開設当初からアクセス数やアフィリエイトの売上は右肩上がりで、最近はブログにおける収入が毎月1万円を越える事が当たり前になってきました。(毎月の運営記録は「こちら」でまとめているので、興味のある方はご覧下さい)

 

別に、がっつり「推敲」しなくたって、ブログで稼ぐ事は十分可能なんです。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

「推敲」で消耗する事で更新頻度が落ちてしまう事が、ブロガーにとって最大の悪手

c8ed823bbf29d7378c1e8871a5013b3b_s

何故、書いた文章を「推敲」しないのか?

 

「推敲」はエネルギーを使う作業です。勢い任せで出て来た自分の文章に冷静にセルフ突っ込みを入れるその作業は、えらく自分を疲弊させます。

 

私は日中サラリーマンとして働いているため、必然的にブログは「副業」として勤務終了後として取り組む事になります。

 

「日中働いて疲れているのに、ブログの更新作業で必要以上に“消耗”したくない」

 

これが、私が自分の書いた文章を全く「推敲」ない理由です。

 

日中は忙しいサラリーマンブロガーにとって、ブログを成長させる最良の手法は更新ペースを維持し続ける事。

 

「文章書けたけど、読み返してみると全然いい文章じゃないな・・・。とりあえず今日は投稿やめとこ・・・」

 

みたいな感じで、「推敲」によって勢いが削がれ、更新が滞ってしまう事こそが、ブロガーにとって最大の悪手だと言えるでしょう。

 

勢いに任せる事で、「伝えたい事」がハッキリした文章になる

 

「勢い任せで書いた文章」と「がっつり“推敲”された文章」どちらが読みやすく人の心を打つ文章かと言われると、案外“勢い”が勝る事が多いです。

 

勢いで書いた文章は、「書き手が伝えたい事」が一番表に出ている状態なので、意図がハッキリしている読みやすい文章でもあるんです。

 

逆に、「推敲」を続ける事によって「書き手が伝えたい事」の輪郭がどんどんぼやけていって、最終的に「何が言いたいのか全く分からない文章」になってしまう事が多々あります。

 

そういった意味でも、文章は衝動に任せて勢いで書く方が、かえっていい記事になると私は思っています。

 

誤字脱字だらけでも、更新を続けていればブログは成長し、収益を得られるようになる

8b5ab5384015a1a3dc29ca0680470c40_s

ブログを成長させ、収入を得られるようになるためには「更新」を続ける事が何より大事。

 

記事の中に「伝えたい事」が存在していて、それが人に解る言葉で書けてさえいれば、しっかりした文章なんかじゃなくていいんです。

 

私のブログなんて酷いもんですよ。推敲どころか、「誤字・脱字」が無いか確認する見直し作業も殆どやっていませんから、後で読み返すとかなり恥ずかしい事になってる事が多いです笑

 

それでも、2016年4月現在、月間4万5千PVと、1万5千円の収益をブログから得る事が出来ています。

 

開設から1年近く、一定のペースで更新を続ける事が出来たからの結果だと思っています。

 

「推敲」に時間を掛けて必要以上に練られた文章を作るよりも、勢い任せでも「更新」を継続し続ける事が大事!

 

駆け出しのブロガーの皆さんは、これを肝に銘じて頑張りましょう!

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事