リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

庭のホースの補修・延長のため、ワンタッチニップルをDIYで取り付けてみた!

time 2016/02/21

 

「そうだ、車の洗車をしよう!」とふと思い立った日曜の昼下がり。

 

いざホースを伸ばしてみると、とんでもない事に気付いてしまいました。

 

「ホースの長さが圧倒的に足りない・・・!」

 

そう、我が家は庭の立水栓から駐車場まで20m近く離れていて、15mのホースリールを限界まで伸ばしたところで、長さが全然足りないのです。

 

「弱ったな・・・。」

 

「・・・!そうだ、閃いた!!」

 

image
そういえば、我が家には大分前に購入した古いホースがありました。

 

「新しいホースとこの古いホースを接続すれば、余裕で車までホースが届くやん!」

 

image
しかし、ここでも問題発生。なんと、古いホースには接続用のワンタッチニップルが付いていません。

 

image
これでは、新しいホースと古いホースの接続なんてとても無理!こうなったら・・・

 

「“ワンタッチニップル“が付いていないなら、”ワンタッチニップル”を付ければいいじゃない!」

 

というワケで、今回はホースのプチ改造をDIYで取り行う事にしました!

 

こちらの記事にてDIYをするなら最低限用意しておきたい工具・道具を紹介しています!

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

必要な道具・材料

 

TOYOX プラグ付ホースナット C-23 

ハサミ

 

ワンタッチニップル(tTOYOX -23)の取付手順

 

image
まず、ワンタッチニップルを取り付けたい場所を決めます。決めたら、思い切ってハサミでホースをカットしちゃいましょう。

 


バッサリとね。

 

image
TOYOX C-23を開封し、ナット、スリーブ、プラグ部に部品がそれぞれ別れるので分解します。

 

image
ナットを画像のようにホースに通して

 

image
スリーブをホースに咬ませるようにセットします。

 

image
プラグ部をホースに差し込みます。

 

image
パッキンが完全に隠れるまで、グイグイっと押し込みましょう。

 

image
ここまで来れば完成したも同然!あとはナットをプラグ部の溝になっている部分に時計回りに回せば固定できます。

 

image
このくらいまで締め付ければOK!

 

image
ワンタッチニップルの装着が完了しました!

 

image
ドキドキの通水テスト。ホースリールとホースリールを接続します。

 

image
キター!無事にホースの接続が出来ました!水漏れもく、抜群に調子がいいです!

 

ワンタッチニップルの取付は、ホースの破損や水漏れ、ホースを継ぎ足しの時に使える手法!

image
こんな感じで、駐車場までホースを延長できます。いやー、洗車が捗るなあ。

 

と、いうワケで庭用ホースへのワンタッチニップルの装着が完了しました!

 

今回はホースとホースの接続のために「TOYOX C-23」を使用しましたが、ホースの破損や水漏れ、ホースを継ぎ足しての延長の際にも使える手法なので、やり方を覚えておいて損はないと思います!

 

新しいホースリールを買うと、出費がかなり大きくなってしまうので、DIYでの補修・交換にチャレンジしてみてくださいね!

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事