リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

室内ドア用ドアクローザー「ドアマン S-101P」をDIYで取り付けてみた!

time 2016/01/30

 

家の中のドアって、開けっ放しになってしまったり、閉めたつもりでもしっかり閉まっていなかったりして、ストレスが溜まる事がありませんか?

 

我が家でも、開けっ放しにしようものなら脱出の機会を虎視眈々と狙っている愛犬が飛び出してしまうので、困りものだったワケです。

 

image

 

そんなワケで、解決策を探していたらみつけたのがこれ。

 

image
室内用ドアクローザー ドアマン S-101P

 

DIYでの取付に挑戦してみたので、今回は取付方を解説してみようと思います!

 

こちらの記事にてDIYをするなら最低限用意しておきたい工具・道具を紹介しています!


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

ドア枠の形状から使用する型紙を選んで、下穴を開ける

 

取付準備としては、インパクトドライバー1個さえあれば大丈夫です!

 

ドライバーで手締めだとかなり苦戦するハメになると思うので、持っていない方は多方面で大いに活躍するのでこの際購入してもいいかも知れません。

 

image
本体、本体取付板、ブラケット、ビス、取付用型紙、取扱説明書、が付属しています。

 

image
まず取付用型紙(表が右開き用、裏が左開き用)を確認し、ドア枠の形状を見て何番の型紙を使用するかを確認します。

 

image
右開き用・左開き用、どちらの型紙を使うかの判定法。ドアが押し開く側に立って、蝶番が右に付いていれば、「右開き」、蝶番が左に付いていれば「左開き」です。ですので、このケースでは、「右開き」ですね。

 

image
今回取り付けるドア枠の形は、「型紙4」の形状をしています。

 

image
「型紙4」の部分だけ残るように、切り取り線に沿ってカットしましょう。

 

image
蝶番の中央からからドア厚の長さによって、穴あけ位置「A」を使うか、「B」を使うかが変わります。(詳細は説明書に記載)このケースだと60mmのため「A」を使用する事になります。

 

image
まず本体取付のためにドア本体への穴あけ、型紙谷折りにして、点線をドア上枠と側枠を写真のように合わせます。

 

image
付属の下穴用ドリルビスで、インパクトで取付穴を穿孔!

 

image
本体取付用の下穴が3か所開きました。

 

 

続いて、ブラケットの取付のため、ドア枠に穴あけ。

 

image
ドアに付いていた型紙をいったん剥がし、今度はドアの上枠に点線を合わせ直します。

 

image
先ほどと同じ要領で、下穴を穿孔。

 

image
これで、下穴の加工は完了です!

 

本体取付板、ブラケットを設置して、ドアクローザーを取り付ける!

image
ここまで来れば後の作業はもう簡単。まず本体取付板を付属のビスでドアの下穴に取付。

 

image
お次は、ブラケットをドア枠にさっき空けた下穴にビス固定。

 

image
いよいよドアクローザー登場、本体に付いていたカバーは一旦取り外し、本体取付板のネジ穴に付属の固定ネジで取付ます。

 

image
画像ドアクローザーの頭にアームを取り付けて固定ネジを取付。

 

image
アームを引っ張ってきて、ブラケット側にもアームをネジで固定。

 

image
あとは、化粧カバーをセットすれば・・・。

 

image
ドアクローザーの取付完了です!

 

取付完了!ドアクローザー効果をとくとご覧あれ!

 


ご覧ください!室内用ドアクローザー ドアマン S-101Pが付けば、こんな感じでドアがゆっくり自動で閉まるのです!(後ろで鳴ってるBGMはドラマ大奥のものですw)

 

ドアクローザーが付いていれば、ドアの閉め忘れも無くなるし、風が吹き込んで急に「バタンっ」とドアが閉まる事も無いし、小さい子供が勢い余って手を挟んでしまう危険も無くなるし、思春期の中学生がイライラして壊れんばかりの勢いでドアを閉めてしまう事も無くなります!

 

いやー便利ですね。

 

ただ、少しデメリットもありまして、ドアクローザーが油圧で閉めようとする力が働く分、若干ドアが重くなる感じがあります。(説明書にも記載されてますが。)

 

その点に目をつぶれば、ドアマン S-101P非常にいい買い物だったと言えるでしょう!

 

価格も3000円代で購入できるので、ぜひDIYでの取付に挑戦してみてくださいね(´∀`)!

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事