リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

首に粉瘤腫が出来たので病院へ。どうやら薬だけで治るみたい・・・?

time 2015/12/30

 

3週前くらいに、首筋の当たりに大きな吹き出物が出来ました。

 

私自身、普段から肌荒れしやすく、大人になった今でもニキビ等が出来ることも珍しくなかったので、「またかー」程度にしか思っていませんでした。

 

しかし、今回出来た吹き出物は、通常のニキビのように化膿して潰れてくるワケでもなく、大きさも変わらないまま。

 

不思議と痛みもあまりなく、2週間程度時間が経過しても状況は変わりませんでした。

 

「さすがに様子が変だぞ・・・」

 

そう思ってネットで同じような症状がないか検索してみたところ、出るわ出るわ似たような症例、丁度こんな感じなんですわ!

 

WS000233
大木皮膚科さんより画像引用)

 

うーん痛々しい。でも、こんな感じの吹き出物が2週間近くずっと消えないんです。

 

どうやら、私の首に出来た吹き出物は「粉瘤腫」というもので間違いなさそうです。

 

と、いうワケで私の首に出きた吹き出物、「粉瘤腫」について調査をしてみました。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

そもそも粉瘤腫とは?

 

粉瘤腫(アテローム)

 

・皮膚の下に袋状の構造物が出来、その中に皮脂(脂肪ではない)が溜まる事によって発生する腫瘍。

・脂肪細胞が増殖して出来る脂肪腫とは全く異なる物。

・体のどこにでも出来るが、顔や首、背中に発生しやすい。

・潰れると物凄く臭い皮脂が出て来るらしい。

・自然治癒は難しく、治療するには、切開手術をして皮脂の袋ごと取り出すしかない。

 

ネットで調べた限りだと、この粉瘤腫についてこのような情報が多く掲載されていました。

 

「自然治癒の見込みが無いのかぁ…。じゃあ一回皮膚科で見てもらうしかねえなあ」

 

皮膚科で粉瘤腫の診察を受ける

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

切開手術が必要になる可能性があるので、近所でも腕がいいと評判の皮膚科へ。

 

受付開始と同時に行ったのに「診察までは3時間待ち」という苦行に耐えながら、ようやく先生に粉瘤腫を診察して貰う事ができました。

 

首の吹き出物を見た瞬間、先生は「あーこれは・・・」みたいな表情。

 

「粉瘤腫ってヤツだと思うんですけど・・・」

 

と私が言うと、「よくご存じで!まさに粉瘤腫です。原因はよくわからないんだけど、なっちゃう人が多いんだよね」との事。

 

「切開するのが一番良いんだけど、その大きさ(2cm)くらいなら、薬を飲めば治るかも知れないね」

 

先生が言うならそうしましょう!(ていうか、手術したくない笑)

 

診察の結果、そういう結論になったので、私の粉瘤腫の治療は「お薬のみ」から始まる事になりました。

 

かかった費用と処方された薬

病院での診察は、初診料と投薬代で自己負担は1,060円。

 

処方された薬は

 

マインベース錠200㎎

・細菌による感染症の治療に用いる薬。

 

カロナール錠300㎎

・病気によるいろいろな症状(痛みや熱)や苦痛をやわらげる薬。

 

ミヤBM錠

・腸の調子を整える薬

 

の3種類を4日分処方されました。薬代の自己負担は480円。

 

この投薬治療で粉瘤腫が無くならなかったら、いよいよ手術による切除になってしまうので、今は快方に向かう事を信じてこれらの薬を飲み続けようと思います( ;∀;)

 

いずれにしても、続報をまた書くのでお楽しみに!(誰も楽しみではないか笑)

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事