リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

庭の水はけ改善計画! 天然芝か人工芝か・・・。~見積依頼編~

time 2015/12/26

 

※2016年3月10日追記! 結局、業者に頼んで庭のトータルリフォームを行う事になりました笑

庭のトータルリフォーム 人工芝とウッドデッキ・門扉・フェンス・砂利敷を施工! 見積り編

 

image

これは我が家の庭の現在の状況です。

 

雨が降ってしばらく経った後の写真なんですが、うちの庭はとにかく水はけが悪いんです。

 

将来、犬や子供を自由に遊ばせられるよう、土の庭を芝生にしたいんですが、芝生を植える上で現在の水はけの改善は必須。

 

土の入れ替えに加えて、土壌があまりに酷ければ、土の下に排水管を通す暗渠排水も必要かも知れません。

 

最初は自分で土を掘って入れ替えて~なんて事も検討したんですが、試しに掘ってみると、5cm下くらいに転圧された砕石が大量に敷き詰められた形跡があり、まともにスコップする入らない状況(´;ω;`)

 

image

おまけに、とんでもない粘土質な土!

 

手間や残土の処分方法等を考えると、「どう考えても人力では厳しい・・・。」という結論に至り、庭の改修は全面的に業者に委託する事にしました。

 

「安かろう悪かろうで、安物買いの銭失いになりたくない」というポリシーがある私は、リフォーム業者探しは選りすぐりの大手業者で一括見積がとれるベスト@リフォームを使用しました。(参考:現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方

 

一括見積の結果、大手の中でも提示された金額が安かった2社、仮にA社、B社に、実際に現地調査に来て貰う事になりました。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

現地調査の結果!我が家の庭の状況は・・・

 

①A社の現地調査

 

まず言われた事は、「天然芝は辞めたほうがいい」との事。

 

庭の状況を見て、「天然芝は日当たりがかなり良くないとまともに育たない。水はけを改善したとしても、歩いて土が踏み固まればそこから枯れていくし、メンテナンスが考えている以上に大変だ」という事を伝えられました。

 

「天然芝の自然な質感で、犬や家族と過ごしたかったのに、ぐぬぬ・・・」という気持ちはあったのですが、造園のプロが言う事なので、間違いないのでしょう。

 

「砂利を引けば、メンテナンスも不要で綺麗にまとまりますよ」と提案されたのですが、さすがに「天然芝」から「砂利」は落差が大きすぎるため、「人工芝はどうなんでしょう」と逆提案。

 

聞けば、「人工芝は最近の品物はかなりリアルで、本物に近い質感になっているのでいいと思う。いずれにしても水はけの改善は暗渠排水レベルで対策する事はオススメする」との事。

 

と、いうわけで意見がA社の現地調査による互いの意見は、

 

「天然芝は諦めて人工芝を施工、水はけの改善は土の入れ替え+暗渠排水」

 

の方向で一致しました。

 

②B社の現地調査

 

A社に引き続き、「天然芝」についての意見を伺ったんですが、「手入れも難しいし止めた方が無難」と同意見(ぐぬぬ・・・

 

が、庭の水はけに関しては、「天然芝を施工する上で土の入れ替え+下地として砂利を入れるので、それでかなり水はけに関しては変わってくると思う。」との意見でした。

 

「暗渠排水をすれば確かに間違いないですが、天然芝を育成するワケではないので、大きく水たまりが出来るような事態にならなけば問題ないとは思います」と言われれば、「確かにそれはそうだ」って感じです。

 

と、いうわけで意見がB社の現地調査による互いの意見は、

 

「人工芝を施工、水はけの改善は土の入れ替え+砂利で下地+希望があれば暗渠排水」

 

の方向で一致。

 

現在、2社による見積作成を依頼中です。

 

 

追記!見積結果が出ました!→庭のトータルリフォーム 人工芝とウッドデッキ・門扉・フェンス・砂利敷を施工! 見積り編

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事