リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

口下手な人間でも社会人として生きて行くためには・・・

time 2015/12/25

 

現在、就活中の学生諸君でこんな不安を抱えている方はいませんか?

 

「おれは口下手で喋るのが超苦手だ・・・。社会人になるのが不安でしょうがない・・・」

 

 

安心してください。大丈夫ですよ!

 

 

私(現在社会人5年目)は、自他共に認める「超口下手人間」ですが、今のところ何不自由なく社会人として生活しています。

 

【関連記事】

大学時代の就職活動の話

内定先のブラック会計事務所での地獄体験(大学在学中から卒業まで)

新卒で入った会社を転職するまで 三年間の勤務の末の決断

社会人になってから人生楽しすぎる件(学生と社会人どっちが辛いか、という話)

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

喋る事が苦手なのは思いを伝えられないから

6584b3258e2c9869177f68ae90cdae97_s

私が口下手で、喋る事自体があまり好きではないのには主に2つの理由があります。

 

①滑舌が悪く、自分の思いを100%伝えられる自信が無い。

 

滑舌と声質が悪く、頭に浮かんでる事に対して口が追い付かないんです苦笑

 

だから、人と喋ってても「本当はこういう事を思っているんだけど、うまく伝えられそうにないから黙ってていいや」ってなっちゃうんですよね。

 

②頭の回転が遅く、気の利いた事や冗談が言えない(出て来ない)

 

たぶん頭の回転が遅いんでしょう。会話の途中で瞬時に例えとか用いて面白可笑しい冗談とか言える人がたまにいますけど、ホントに尊敬します。

 

そういう人は、ムチャブリされたり聞かれたくない事を聞かれた時も躱し方が上手くて、「世渡り上手でいいなあ」と羨ましくなりますよね。

 

 

この2つの自覚があるがために、私は人と積極的に喋る事に対して億劫になっています。

 

「喋りも経験とテクニックだ!」と、苦手を克服するために「思い付いた事は歯に衣着せず全部喋るキャラ」を実践していた事もありました。

 

結果、舌禍を呼び起こしまくるただの痛いキャラになっただけで終了。そしてその時から私は「自分には喋りの才能は無いから、他の能力で補っていくしかない」と思うようになりました。

 

仕事が出来る出来ないに、喋りの上手い下手はあまり関係がない

 

そんな私が、口下手を自覚したからこそ身に付けた処世術。

 

それは、「喋れないけど、絶対に仕事でミスをしない人間」になる事です。

 

私は一時期「自分のあまりにの口下手具合」にコンプレックスを抱いていました。

 

「こんなに喋るのへたくそで、これから先やっていけるのか」と。

 

「気の利いた事も言えないし、先輩や上司に嫌われたどうしよう」と。

 

けど、実際にバイト先や、社会に出て会社で働いてみて解った事があります。

 

それは、「仕事が出来る出来ないに、喋りの上手い下手はあまり関係がない」という事です。

 

会社では、「ミスなく、クレーム無く、頼んだ仕事を完璧に遂行してくれる従業員」が最も貴重な存在として大事にされます。

 

「そんなの当たり前の事じゃん」と思うかも知れませんが、「そんな当たり前の事もできない人間」が世の中には思った以上にいます。

 

上司の前では口が達者でも、いざ仕事を与えると「だいたいでいいや」という価値基準で問題を起こしまくっている人間が、世の中には沢山存在しているんです。

 

当然、従業員が起こした問題は、会社の問題として社長が責任を取らされる事になりますから、まず社長から嫌われていく事で、トラブルメーカーな従業員は会社からの信頼を失っていきます。

 

“自分の担当した仕事で不備が無いか、しつこいくらい何度も確認する”

 

“問題が起こりそうだと思ったら社長や上司にあらかじめ相談する”

 

そういった当たり前の事を愚直に徹底し、「機械の如く、絶対にミスを起こさない」という覚悟で仕事に臨む人間になる。

 

そうする事で、私は今までアルバイト先でも、転職前の会社でも、現在の会社でも信頼を勝ち取って来ました。

 

今の勤め先でも、私は業務上必要な会話以外ほとんど口を開かなくても、表面上「替えが効かない存在。辞められたら困る。」と言ってもらえるくらい会社からの信頼は厚いです。(あくまで表面上ですが笑)

 

だから、「仕事が出来る出来ないに、喋りの上手い下手はあまり関係がない」んです。

 

「口下手すぎて言い訳も出来ないから、ミスも仕事の質も上がる」とポジティブに捉えよう!

fe9f02d1b4dfe5aa26f0c246606bfa36_s

当然、口が達者であるに越したことが無い事は解りますが、それ以上に社会では、“当たり前の事を当たり前に実践できる能力”が社会では要求されます。

 

「口下手のせいで人生詰んだ」と諦めるのではなく、「口下手で言い訳も出来ないおかげで、誰よりもミスが少なくなったし、仕事の質も高くなった」と思えるよう、口下手とポジティブに付き合っていきながら、自分の能力を高めていきましょう。

 

そう、きっと口下手な人なら「ぺちゃくちゃ喋ってる暇があったら、自己研鑽に時間を使った方がましや!」と思うはずですし笑

 

私も口下手人間の代表として、これからの人生をもっと頑張っていきます!がんばりましょう!\(^o^)/

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事