リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

まだ残業で消耗してるの?残業がある会社に勤めている限り、一生残業を続ける事になりますよ。

time 2015/12/08

 

皆さんは「残業」していますか?

 

私は、2年前にそれまで勤めていた残業だらけの会社を転職をして以来、現在の会社で働き始めてから一切残業をした事がありません。

(詳細について知りたい方は、私の過去の経歴を読んでみてください。)

 

うちの会社では定時の18時になった瞬間、社員全員足早に帰宅します。

 

毎日「残業」をしているという人は、本当にご愁傷様です。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

「残業」が日常的にある会社では、業務が「残業」ありきで成り立っている

4fc330ad545467b16920f231128fc110_s

経験上、日常的に残業がある会社に勤めている限り、今後どれだけ時間が経っても残業は絶対に無くならないと断言できます。

 

私が以前勤めていた会社でもそうだったのですが、一人一人に与えられた仕事の量が完全に「残業ありき」で考えられているからです。

 

9時に出社して、営業で出先に出て、17時頃に会社に戻る。それから日報を作ったり、見積書の作成、会議の資料の纏めを行う。そうこうしているうちに時計は20時を過ぎている・・・。

 

日本では、このように無茶苦茶なタイムスケジュールで仕事をしているサラリーマンが多すぎるんです。

 

「まともな会社」なら出先での仕事は、最低でも15時には終わっている

e278f10c0c31c509937563a3726d8cc6_s

私が今勤めている会社では、基本的には15時過ぎには出先での仕事を終えて会社の事務所に全員が戻ってきます。

 

定時の18時までは3時間も余裕がありますから、日報の作成等の事務作業と、次の日の業務の打ち合わせや準備といったスケジュール管理もしっかり行う事が出来るんです。

 

“15時までにその日の仕事が終わる(後の仕事は事務作業だけ)“なんて、日本人の多くのサラリーマンには信じられない事かも知れません。

 

私自身も、それまでは「残業ありきの会社」で、出先で自分の仕事が終わるのは17~18時がザラだったので、転職してカルチャーショックを受けましたよ。

 

「ああ、これがまともな会社なんだな」と。

 

「残業」が嫌なら、とっとと「転職」してしまうのが吉

1fea667f3410834f0a67603999d4e4a1_s

「残業がある会社」を「残業ない会社」に変えていくのはハッキリ言ってかなり無謀です。

 

前述した通り、残業がある会社では、残業ありきで業務が成り立っているからです。

 

「今まで17時までに終わっていた出先での仕事を、15時までに終わらせて会社に帰ってこい」と突然言われても、仕事量的にどう考えても無茶な話ですよね。

 

だから残業が嫌で会社にフラストレーションを抱えている場合でも、転職して環境自体を変えてしまわないと、ただ待っているだけでは状況が良くなる事はあり得ません。

 

残業が無いまともな会社に入ると、人生観が大分変りますよ。

 

18時の定時で帰宅できれば、ゆっくりご飯を食べて風呂に入っても、寝るまでの間に4時間近く自分の時間を作る事ができますからね。

 

その時間を使って、私は今こうやって趣味としてブログを書いたりする事が出来ているワケです。

 

毎日21時過ぎに帰宅していた以前の会社では、ご飯を食べて風呂に入ったら、もう後は寝る時間ぐらいしかありませんでしたからね・・・。

 

私も転職前は、「会社に自分の人生振り回されている」と会社に対してかなりの負の感情を抱いていました。

 

が、残業が無くゆとりがある今の会社に転職してからは「会社は自分の人生をよりよくしてくれるものだ」と大分ポジティブに捉えられるようになりました笑

 

自分の人生を満足行くものにするためには、時には大きな決断も必要です。臆せず突っ込んで生きましょう!

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事