リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

壁紙・クロスの貼替費用をできるだけ安く済ませる方法

time 2015/11/23

 

購入した中古住宅のリフォーム箇所を紹介シリーズ!

中古住宅を低予算(100万円)でリフォーム! 改修箇所を紹介します!

 

今回は、クロス貼替の見積もりを安く済ませる方法を紹介します!

 

d039fa41ff0e33b9498b0350bc93153d_s

「壁紙を貼替えたくて見積を取ったけど、こんなに高いの?!」

 

壁紙の貼替見積を業者に依頼して、金額に「ギョッ」とした人は多いのではないでしょうか?

 

でも、壁紙の貼替は、ちょっとした工夫でかなり金額を抑える事ができるんです。

 

業者に言われるまま高い金額を支払う前に、最低限の知識を付けて、最低限の予算でキレイにリフォームを行いましょう!

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

「量産クロス」と「1000番クロス」

 

貼替用の壁紙には大きく分けて「量産クロス」「1000番クロス」の2つの種類があります。

 

「量産クロス」は、シンプルな壁紙(無地・単色)で大量生産されているため、コストが抑えられて製造されています。※1㎡辺りの貼替単価の相場:1000円前後

 

「1000番クロス」は、壁紙の製造メーカーが1000~9000番台で品番を出している製品を指し、柄や色が多彩でオシャレな壁紙が多く、量産クロスと比較して生産コストは高いです。※※1㎡辺りの貼替単価の相場:1200円~(ピンからキリまであります)

 

基本は「量産クロス」を選ぶ事で、価格はグッと抑えられる

08fb7cf6a6370f82890a6dc6b1fd6df2_s

内装屋に見積依頼をして、べらぼうに高い金額が提示された場合、全て「1000番クロス」の単価で計算されている可能性が高いです。

 

一戸建ての住宅の場合、壁紙を貼る面積は300㎡~500㎡近くあります。

 

廊下や階段、天井をオシャレな1000番クロスでばっちり決めたってしょうがないと思いませんか?

 

我が家でも最近壁紙を総貼替しましたが、リビング、寝室、トイレの一部だけをアクセントで1000番クロスを使用しましたが、後は全部量産クロスです。

 

「基本は「白」で「無地」の「量産クロス」を貼る」それだけで、かなりの金額変わってくると思います。

 

見積に来た営業マンには最初に「全部量産クロスでいいので単価を安くしてください」と最初に言っておきましょう。

 

その上で、後から「ここだけはアクセント、やっぱりこの部屋だけは全面こだわりたい!」と、要望を伝え変更して貰えばいいんです。

 

リフォームの場合「1000番クロス」もっとは高くつく

 

「“安かろう悪かろう“で、量産クロスは品質もそれなりなんじゃないの?」とお思いの方も多いでしょう。

 

その点は全く心配ありません。昨今の量産クロスは柄がシンプルだというだけで、機能性は1000番クロスに全く引けを取りません。しかも、壁紙に厚みがあるタイプのものが多く、リフォームでも非常にキレイに仕上がります。

 

むしろ、1000番クロスの方が“壁紙が極端に薄かったり、固さが有ある。”というデメリットがあります。

 

新築の場合は問題は無いのですが、リフォームで1000番クロスをそのまま貼ると、既存の壁紙の細かい剥がし残しや、壁紙を貼る石膏ボードのヒビ等が、貼った後でハッキリ浮き出て来てしまいます。

 

なので、古い壁紙を剥がし残し無く、ボードのヒビはパテ処理をしてキレイに仕上げなければならないため、壁紙を貼る職人さんは非常に手間が掛かります。しかも、そうした下処理にも限界があり、どうしても継ぎ目や凸凹が目立ってしまう事があるんです。

 

職人さんはよく「若くてピチピチなお肌(新品の石膏ボード)には化粧がよく乗るけど、年取った婆さん(古くてヒビが入った石膏ボード)に化粧するといっても限界がある」なんて例えを良くしています笑

 

そしてリフォームの場合、1000番クロスは下処理の手間代が加算されるので、単価は1㎡当たり1500円を越えて来て、かなり割高となってしまうんです。

 

やはり、リフォームで壁紙を貼り替る場合は、極力「量産クロス」を選択した方がメリットが大きいと、私は思います。

 

実際に家で取った見積は・・・

 

最後に、私が自宅の壁紙を貼り替えた時の見積書を公開します。

image

知り合いのクロス屋に直接頼んだので、単価も激安、吹抜の足場台も廃材処分費も養生費も無し!

 

300㎡程度の貼替面積+トイレ2か所・洗面所のCF貼替でも、トータル30万円を切っています。

 

見積を取る際、参考にしてみてくださいね(´∀`)!

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事