リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

会計事務所への就職がブラックすぎる3つの理由

time 2015/10/18

3905cedcfed0cf98c056d710dcdf0cbf_s

最近、「会計事務所 仕事」等の検索ワードで、私のプロフィール記事(内定先のブラック会計事務所での地獄体験(大学在学中から卒業まで)にアクセスされる事が多いです。

 

恐らく、就職活動に勤しんでいる学生や、転職を考えている社会人の方が、「会計事務所の仕事って一体どんなん?」と思い、ググっているのだと思います。

 

「事務職だから楽そう」「簿記をやってたから仕事で資格を生かせそう」それらの人達は、そんな事を考えながら会計事務所の仕事について調べているのではないでしょうか。

 

今回は、元会計事務所職員である私が、会計事務所での仕事が多くの人にとってブラックになりゆる3つの理由を紹介します。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

①会計事務所の仕事はぜんぜん「事務職」じゃない

 

「簿記で仕訳や貸借対照表は勉強した!要は会計事務所の仕事ってあの作業の代行みたいなもんでしょ?」

 

会計”事務所”というからには、「椅子に座ってパソコンで作業をするのが殆どじゃないの?」というイメージを抱いている方が多いと思います。

 

否、「会計事務所」の仕事の実態は、「税務のコンサルティング業」です。

 

会計事務所の顧客の多くは、地元の中小零細企業の社長達です。

 

社長達は、「税金」が嫌いです。しかし、税に関しての素人が適当に会計して税務署に申告をしても、「脱税」になるリスクがかなり高いです。

 

だから、法律絡みでややこしく煩わしい税務関係の仕事を、会計事務所に委託しているのです。

 

②事務職どころじゃない、圧倒的なコミュ力が要求される

7b42235ce5b8b41d3bbf2c0f36fc2af8_s

基本的に会計事務所は、契約を交わした顧客の元へ毎月一回、会計資料の受け取りのために月次訪問する事になります。

 

その時、面と向かって話をするのは顧問先の会社の「社長」である事が多いです。

 

会計事務所のメインの顧客層である中小零細企業は、会社の規模が小さいので、経理部門が無く、経営者が自ら会社の財布を管理しているケースが殆どだからです。

 

顧客の元を訪問すれば、当然「資料だけ受け取ってハイさようなら」とはいきませんので、その場で「税務の相談」を受ける事になるワケです。

 

「税務署から来たこの書類はどう処理したらいい?」「年末調整はどうすれば税金が多く帰ってくるの?」「この間、海外旅行にいったんだけど、どうにか経費にできないかな?」「今期わざと赤字決算にしたいんだけど、どうすればいい?」

 

顧客である社長達は、自分の事業に生活を掛けているため、必死です。

 

そして、顧問料を受け取っている以上、会計事務所側は「わからない」では済まされないのです。

 

私は会計事務所で働いていた時、この「月次訪問」が一番憂鬱でした。

 

社長の質問に答えれずしどろもどろしていると

 

「なーんもわかんねーんだ。あんたのとこの事務所ダメだなあ!」

 

と面と向かって言われて、相当凹んだ事もありましたね。

 

まあ今となっては当時22歳の新人に、いきなりそんな仕事を任せていたアイツ(所長)が悪い」とすっかり開き直っていますが笑

 

③会計事務所に勤める限り、一生勉強を続けなければならない

bd3c7abbe3c11325a73e6632151068ab_s

月次訪問時だけでなく、事務所への電話でも税務に関する問い合わせはひっきりなしに来ます。会計事務所で働く限り、顧客に「税務のコンサルティング」ができなければ、全くお話にならない事は理解していただけたでしょうか。

 

簿記の知識?はっきり言ってそんなものは糞の役にも立ちません。

 

私も、日商簿記2級を持っていますが、会計事務所で勤務する上で、仕事で役に立ったと感じる場面は1mmもありませんでしたね。

 

とにかく、会計事務所で要求される知識は「税の実務」です。

 

「所得税」「法人税」「源泉所得税」「消費税」「贈与税」「相続税」etc・・・

 

顧問先に対して的確なアドバイスをできるよう、税金の全ての網羅して勉強をしなければなりません。

 

しかも、税法はしょっちゅう改正されるので、その都度変更点を頭に入れ直さなければいけません。

 

「一生勉強を続ける必要があるのがこの業界」というのは所長の口癖でした。

 

確かに勤めていた会計事務所では毎週レポートの発表会があり、ロジックが破たんしたようなレポートを書いて来ようものなら、所長から公開処刑の様に論破され、怒鳴られまくっていましたね。

 

「一生勉強の世界」に身を置く覚悟が無い方は、会計事務所勤務は向いていないとはっきり断言できます。

 

例え残業や無く休日が多くても、勤務時間外でも税金の勉強を続けていかないと、とてもじゃないけど法律の改正点等を把握する事はできません。

 

頭に詰め込むタイプの勉強が苦手な私は、会計事務所で務めていたたった半年で身も心も消耗し、最後には「あしたのジョー」状態になってしまいましたから・・・。

 

会計事務所でやっていけるのは、税理士を目指している志の高い人間のみ

eec70b5fbd3df3e731cf9497e698f703_s

会計事務所の仕事の実態にについて解っていただけたでしょうか。

 

「税理士を目指していて、税金の勉強をするのが楽しくて仕方がない」という人には天職でしょうが、普通の感覚を持っている大多数の一般人にとっては、会計事務所はブラック要素が強すぎます。

 

就活生や転職を考えている皆さんへ、経験者として忠告しておきます。

 

「簿記が得意だから」とか「楽そうだから」みたいな理由で会計事務所に就職してはいけませんよ!

 

私が会計事務所に勤務していたのはたった半年という短い期間でしたが、それでも精神を病んで「鬱」の一歩手前になりかけていました。

 

当時は、通勤中、運転する車の中で「このまま事故って会社行けなくなったらラッキーなのにな…」という事を毎日本気で思っていましたからね。

 

さすがに「この精神状態はまずい」と自ら気付き、現在のホワイト企業と言える会社に転職する運びになりました。(参考:社会人になってから人生楽しすぎる件

 

会計事務所に勤めていたのはもう6年も前の話になりますが、当時、もしあのまま「この職場に適応できないのは自分のせいだ」と自らを責め、逃げさずにいたら、本当に鬱になり、ひょっとしたら自殺してこの世にいなかったかも知れません。

 

ちなみに、私は転職するにあたって、「タジョブ」というサイトを活用しました。大手転職サイトの求人情報だけでなく企業サイトの採用情報に掲載されている求人情報もピックアップしていて、業界最大級の求人数を掲載しているので、転職先を探す際には物凄く重宝し、実際に今の職場を見つける事もできました。

 

会計事務所に就職し、「何か違うな」と感じている方は、全く違う業種(私の場合は建設業)に目を向けて見るのも大いにアリだと思います。

 

案外、がむしゃらに飛び込んだ先こそが「天職」だと思える仕事かも知れませんよ。

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事