リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

お酒の量の減らし方・辞め方 「お酒を毎日飲んでいると、人生を確実に損する」という事を自覚する

time 2015/10/05

405a21c5764c492714616ef436677a5d_s

皆さんは、お酒とドラッグの明確な違いってわかりますか?

 

不思議と気分がハイになったり、味覚が鈍くなって何でも美味しく感じたり。
摂取量が増えると、フラフラして歩くのも困難になったり、判断力が低下して暴行や危険運転等の事件を起こす人が出て来たり、最悪の場合中毒死に至るケースもある。

 

この文面だけ見て、「お酒の話」なのか、「ドラッグの話」なのか判断が付く人はいないハズです。

 

そう、本来「お酒」は「ドラッグ」と同じくらいリスキーな嗜好品なんです。

 

ですが日本においては、「飲酒=古くから親しみのある習慣」という理由だけで、多くの大人達がそのリスクの部分から目を背けている傾向にあると言えます。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

飲酒習慣は人生を狂わせる

 

わーわー言うてますが、実は私も実生活でお酒を飲みますし、周りと比較しても「酒好き」の部類に入る人間です笑

 

それでも、過去に何度も失敗を繰り返すうちに、冒頭に書いた様に「お酒=ドラッグ」である事に気付き、いまは自分の限界を弁えた大人の呑み方をしているつもりです。

 

そう、ドラッグが人生を壊すように、お酒も十分人生を狂わせうるんです。

 

 

お酒を毎日飲む人は「人生をお酒に飲まれている」

d7bbda97fbb92e9eeb30a2c8f0ca73f3_s

お酒を1本でも飲むと、多くの人が以下のような症状が現れるはずです。

 

①とにかく眠くなる。

お酒に含まれるエタノールが脳を麻痺させるため、お酒を飲むと「とにかく眠くなる!」という人は多いと思います。

 

②つい食べ過ぎてしまう。

アルコールは胃液の分泌を促し、味覚も鈍らせる効果もあるので、飲酒中は食欲が増加します。

 

③単純にお金が減る。

お酒は「酒税」の関係もあり、他の飲料水より価格がべらぼうに高いです。毎日飲めばお金もあっという間に溶けて行いきます。

 

毎日お酒を飲む習慣がある人は本当にヤバイですよ。

 

仕事から帰ってきて、飲んで、食べ過ぎて、太って、すぐ寝てしまって、次の日も二日酔いで体が重くて、お金も無くなって、そんな事を続けていては、人生確実に損をしてしまいますよ!

 

私も一時期「毎日酒を飲む事」がクセになっていた事があったんですが、上記の事に気付いてその習慣は改めました。

 

だって、家族との時間は大事にしたいし、趣味でやってるギターももっと上手くなりたいし、なんやかんやとやる事も沢山ある

 

それなのに、毎晩酒を煽っては「すぐにバタンキュー」状態になってしまっていては、何一つ実現できやしないじゃないですか。

 

理想の飲酒習慣は、休日前だけの週1~2回

 

今の私の飲酒習慣は完全に週1~2回です。

 

お酒好きの人間にとって完全にアルコールを断つのは正直厳しいです笑

 

だから、自分へのご褒美と捉えて、「次の日仕事が休み」という日だけ晩酌しています。

 

それ以外の日はぐっと堪えて、お酒は我慢です。

 

週末が楽しみになりますし、それが日々の仕事を頑張る活力にもなりますから、「休日前のみ」という飲酒習慣はオススメですよ!

 

あなたにとって一番大切なものは「お酒」ではないはず・・・

f2a9175c9578007a9871fe84e9ba447a_s

しかし、お酒は「日本人の生活に馴染み過ぎてしまった感」がありますよね。

 

冒頭でも述べた様に、「本質はドラッグと同じで、依存してしまえば人生を壊しかねない危険なモノである。」という事を今一度認識すべきだと思います。

 

自分にとって本当に大切なのは何なのか。

 

多くの人にとって、それが「お酒」じゃない事は明白です。

 

正しいお酒との付き合い方、人生との付き合い方をしていきたいものですね。

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事