リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

車のドアについた傷の直し方 タッチアップペンでラクラク補修

time 2015/09/13

駐車場で休憩中、隣の車のドアをぶつけられて傷が付いた件と、修理・示談対応が結構面倒くさい件

示談金を受け取ったけど、修理しないで「車のグレードアップ」の使い道にする事にした件

 

の続報記事です!

 

image

そう、ぶつけられて付いたこの傷は、自分で補修する事にしたので、今回はその作業記録記事!

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

傷の補修で使用する材料

 

ソフト99 99工房 タッチアップペン

ソフト99 99工房 シリコン オフ

塗装用マスキングテープ

 

※私のフィット3のカスタム履歴を公開しています!よければ参考にしてみて下さい\(^o^)/

車体の色番号を調べる

 

今回の傷はひっかき傷程度でそこまで大きく無いので、着色補修で対応します。

 

着色補修をするにあたって、車に塗料に使用されている「色番号」を調べる必要があります。

 

フィット3の場合、助手席側のドアを開けた場所にあるシールに色番号が記載されています。

 

image
ここです。

 

image
一番下に記載されている「TATE 029-NH731P」の「NH731P」が色番号です。

 

着色補修の際には、必ずこの色番号に適応するタッチアップペンを探して使用しましょう!

 

 

傷の補修作業

 

image
まず、傷の補修箇所にシリコン オフを噴霧し、綺麗にふき取ります。塗料の密着を良くするための大事な作業です。

 

image
傷の部分だけ残す形でマスキングテープを貼りつけます。

 

image
ここでタッチアップペンの登場。蓋を空けると先端が筆になっています。

 

image
できるだけ薄く、塗り上げていくのがコツ。

 

image
タッチアップ完了!あとはマスキングを剥がせば作業完了です。

 

補修完了!出来栄えはいかに・・・!

 

image
before

 

image
after

 

なんということでしょう!傷が綺麗さっぱり無くなってしまいましたー\(^o^)/

 

やっぱり7万円もかけてディーラーで修理する必要なんてなかったですね笑

(関連記事:駐車場で休憩中、隣の車のドアをぶつけられて傷が付いた件と、修理・示談対応が結構面倒くさい件

 

この事故は怪我の功名ということで、安く車をグレードアップできるきっかけになりましたな(´Д`)

 

↓今回使用した材料

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事