リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

Bluetooth ワイヤレスヘッドセット「Explorer 500」を使ってみた。オススメできるけど、コスパ的には「M165」の方が上である。

time 2015/08/28

 

私が以前から愛用しているBluetooth ワイヤレスヘッドセット「Marque2 M165

M165

M165

(関連記事:bluetoothヘッドセットなら、「Marque2-M165」がおすすめ!フィット性・音質は他に類を見ません。

 

M165は主に主に勤務中に使用しているので、大体社用車の中に置きっぱなし。

 

ですが最近、M165の完成度の高さ故に「自家用として、もう一台欲しい!」と無駄な購買欲が出てきてしまったのです。

 

「料理、洗い物、洗濯等、家事をする時も片耳にヘッドセットを付けて、音楽を聴きながら作業をしたいなー」、と笑

 

そして丁度よくクレジットカードで貯めたAmazonポイントが貯まっていたのに気付き、購入に踏み切る事に。

 

最初は全く同じ「M165」を買うつもりだったのでした。

 

が、調べてみると、出ているではないですか。

 

後継の最新機種PLANTRONICS Explorer 500が!

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

「PLANTRONICS Explorer 500」の紹介

 

image

と、いうわけで早速「Explorer 500」を買ってしまいました笑  箱はこんな感じ。

 

image

本体は表面の電源応答ボタンのデザインが変更になりました。

 

image

image

充電用のUSBケーブル。マグネットで折りたためるようになっています。オシャレ度UP。

 

image

差し込み口が通常のUSBケーブルのデザインと違います。

 

image

少々戸惑いましたが、このまま差し込めます。

 

音質・フィット感・軽さ、といった性能はどうか。

 

Explorer 500」はもう2週間程度は使いましたが、音質や軽さ、フィット感は前代の「M165」とほぼ同様の評価です。

 

「M165」と丸々同じ紹介文ですが、以下が特徴になります。

 

フィット性の良さと軽さ

image

この様に、耳自体に引っ掛ける形状になっているため、装着感がとても快適です。

 

耳の穴に突っ込むタイプではないため、片耳が塞がっている様な感覚もなく、周囲の音もよく聞こえます。

 

また、本体重量約7gとかなり軽量な設計になっており、非常に軽いです。(たまに装着しているのを忘れる事があるくらいですw)

 

 

音質の良さ

 

ワイヤレスヘッドセット=音質が悪い。というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

私も前使っていたヘッドセットは、雑音が入ったり、車の走行中のロードノイズと被って通話が全然聞こえなかったりで、はっきり言って使い物になりませんでした。

 

しかし、Explorer 500は非常にクリアです。もうびっくりするくらいクリアですw

 

使っていて通話に困る場面は一切ありませんし、音楽を再生していても、高音~低音まである程度のクオリティで聞けるので、私は仕事中など、Explorer 500を付けてラジオや音楽を聴きながら作業する事が多いですね。

 

操作性の良さ

image

物理キーの電源スイッチ(赤丸の部分)が非常にグッドです。

 

前使っていたものは、ボタン長押しで電源がオンになるタイプだったのですが、それだと通話が来てから電源を入れようとすると、時間もかかるし通話自体を切ってしまったりして、かなりストレスがあったんですよね。

 

物理キーだと、電源スイッチを上にカチッと上げるだけでオンになり、スマートフォンとも自動で接続してくれるので、非常に使い勝手がいいのです。

 

 

決定的な違い。「PLANTRONICS EXPLORER 500」には、充電用カーチャージャーが付属していない!

 

PLANTRONICS  Explorer 500」と「Marque2 M165」、比較したところ、「フィット感や音質といった性能はほぼ一緒」でした。

 

ですが、二つの機種をどちらも購入して、気づいた事があります。

 

「Explorer 500」には、充電用のカーチャージャーが付属していないのです。

 

image

※「Marque2 M165」には画像の、シガーソケットから給電するカーチャージャーが付属しています。

 

もともとBluetoothのワイヤレスヤッドセットは、車の中でハンズフリーで通話する事を目的に普及したものです。

 

そういった背景を考えると、カーチャージャーが付属していない「Explorer 500」は、消費者にとって少し不親切であると言えます。

 

しかも現在のところ、「PLANTRONICS Explorer 500」がAmazonの価格で6,804円、「Marque2 M165」が同じくAmazonの価格で5,494円と、付属品が少ない「Explorer 500」の方が、高価な値段設定となっています笑

 

image

※「Marque2 M165」なら、付属品だけで画像みたいに充電できます。

 

結論!「Marque2 M165」の方がコスパは優れている。

 

という訳では、私としては、ほとんど同様の機能・性能でカーチャージャーも付属していて、なおかつ価格も安い「Marque2 M165」の方がコストパフォーマンスは断然いいという結論になりました。

 

ですが、フィット感や音質といった性能自体はバッチリなので、新しいもの好きな方や、デザインが好み!という方は、「PLANTRONICS  Explorer 500」を選んでも全然問題ありません。ただ、車で充電する際には別途充電器を買う必要がある、というだけなので笑

 

使用用途に合わせて、選ぶ際にこの記事を参考にしてみてくださいね(・∀・)

 

 

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事