リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

真夏にスーツの着用を義務付ける会社はブラック企業だと思う件

time 2015/08/01

連日猛暑日が続いていますね。

 

街中を通ると、35℃を越える灼熱の中で、当然の様にスーツ着用で背広を着ているサラリーマンが多い事に驚かされます。

 

私は真夏にスーツの着用を義務付ける会社はブラック企業だと思ってるんですよね笑

 

昨今の日本の夏はサウナと大差ありません。

 

サウナの中で、スーツを着る事を想像してみてください。

 

汗は拭っても拭ってもそれを凌ぐ勢いで吹き出し、ズボンやワイシャツは肌にぴたっと張り付き尋常じゃない不快感。

 

私は、家に帰ろう物ならソッコーでパンツ一丁になって、エアコンのスイッチを入れる様な「暑がり人間」なので、そういう会社に従順過ぎる「エコノミックアニマル」達を見ると気の毒でしょうがなくなります。

 


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

身だしなみに固執して、生産性が上がるのか?スーツが嫌なら仕事を辞めればいいじゃない

 

服装が「ルール」なのか「礼儀」なのか「マナー」なのか「立場を表すもの」なのかは解りませんが、真夏にスーツ着用を義務付けて、それでいて社内では冷房をガンガンかけて「経費が-経費が-」と騒いでいる様な会社に先は無いと思います。

スーツが本当に必要とされる場面でだけ着用し、それ以外は最低限清潔感のある格好をしていれば何でもいいと思うのですが。。

 

私は究極の暑がりかつ、無駄な事が嫌いな人間なので、社内で改善を提案しても意見が通らないなら、それだけで辞職を考えますね

 

ちなみに私の現在の仕事は、まあ基本的に現場業務で、「営業で商談~」みたいな仕事をする事はまず無いので、服装は作業着が支給され、上はポロシャツだろうがTシャツだろうが、派手な柄で無ければ何でもアリって感じです。

 

仕事もエアコンの効いた室内作業が多く、移動も車内でがんがん冷房を効かせています。

はっきり言って暑さに関してはノンストレスです笑

 

まあぶっちゃけ、私も前職はスーツ着用で街中を歩き回ってたいた「エコノミックアニマル」だった訳ですが、夏場は本当に地獄でしたね。それだけで転職してよかったと思います。

 

もう、スーツには戻れません!

 

私の様にスーツが嫌いな方は、転職を考えましょう笑

 

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事