リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

レスポール用ギターケースの決定版!GATOR GL-LPSがおすすめです。

time 2015/07/29


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

大切な楽器を傷付けないためのギターケース選び

 

ちょっと、そこのあなた!ギターを買ったときに、楽器屋から無料で貰ったぺらぺらなギターケースなんか使っちゃいませんか?

 

特に学生の方に多いと思うんですが、ギターを背負って自転車で移動している時だとか、電車で移動する時に持ったり置いたりした時だとか、教室に置いていたのを持ち運んだりした時だとか、結構をギターをぶつけてしまうシュチュエーションって多いんですよね。

 

でも、仕事やらバイトやらをして、せっかく貯めたなけなしの給料で買った「高価な、何より愛着のある大事なギター」を散々ぶつけて打痕だらけのボコボコギターにしてしまいたくは無いですよね笑

 

そんなわけで、今回は私も愛用している「レスポールタイプ」用のギターケースを紹介しようと思います!

 

レスポール用セミハードケース GATOR  GL-LPS

image

GATOR GL-LPSは

  1. 頑丈さ
  2. 収納力
  3. 持ち運びやすさ

といった特徴があります。

「ハードケースだと、頑丈だけど重いし持ち運びし辛いし、ソフトーケースだとペラペラすぎるしなあ・・・」といった声に答えた製品にという訳ですね!

以下では、それぞれの特長について画像付きで解説していきます( ^ω^ )

 

①頑丈さ

image

ケースの中を開けると、この様にハードケースの様な質感になっていて、レスポールのギターがピッタリ収まる様な形状になっています。

 

image

実際にギターを収めている写真です。後は蓋を閉めてしまえば、殆ど外部の衝撃はギターに伝わる事はありません。

 

 

②収納力

image

表面には大きなポケットがあり、シールド2~3本くらいなら余裕で入る大きさになっています。

私は何かトラブルがあった時様に、必ず3本は持ち歩く様にしています(゚∀゚)

 

image

他に、メッシュの小さなポケットがあるので、ピックなどを入れておけます。

予備を沢山入れておいて、ピックを忘れても対応できるようにしましょう笑

 

③持ち運びやすさ

image

背面には肩紐が付いています。

そう、つまりハードケースの様な性能でありながら、ソフトケースの要領で背負って持ち運べるんです!

自転車対応!エフェクターボード持ってもまだ片手は空く!

この持ち運び易さも非常にGOODなんです( ・∀・)

 

 

以上、GATOR  GL-LPSの紹介でした!

 

金額もそれなりにリーズナブルですし、大切なギターを長く大事に使いたい方、どんなギターケースを選べばいいか解らない方に、是非おすすめしたいです!

 

楽器に愛着を持てば、上達もより早くなりますよ(´∀`)

 

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事