リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

2015.7.1オープン!宮城県の新観光地「仙台うみの杜水族館」の見所をまとめてみた!!

time 2015/07/24


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

仙台うみの杜水族館の魅力をレポートしてみた

main-visual-01

2015年7月1日にオープンしたばかりの「仙台うみの杜水族館」に行って来ました!

仙台在住で、旅行先に「水族館」があれば必ず見て廻る、「自称水族館マニア」の私yamadaa0217が、早速リポートしていきたいと思います笑

 

①水族館へ到着!車でのアクセスは良好そう


仙台うみの杜水族館の場所は、仙台東部道路の「仙台港IC」を降りて信号3つ分しか離れていません。

 

カーナビがあれば、土地勘が無くとも、何も迷う事なく、到着できると思います。

 

②水族館へ到着!駐車場状況・混雑状況は・・・

 

7月23日(木)11:30頃、仙台うみの杜水族館へ到着!

駐車場は通常800台分ですが、開業から一定期間は1450台分、隣の敷地内のスペースにも駐車でき、計2250台分確保してあるようです。

平日だったのもあり、駐車スペースにはかなり余裕がありました。

 

館内に近づいてみると、入場券を購入するのに中々多くの人が列を作って並んでいました。

 

平日とはいえ、オープンしたばかりの人気スポット、チケットを買うのに30分くらい並ぶ事になりました。休日ともなれば相当な混雑になることでしょう。

 

調べてみると、当日すいすいダイレクトイン!WEBチケットなるものがあるようです。

 

事前にクレジットカードで決済し、自宅で購入内容書をプリントして持ち込むか、スマホでバーコードを提示すれば、当日チケット売り場に並ばずスムーズに入館できるようです。

 

この記事を読んだ方で、仙台うみの杜水族館に遊びに行く予定があるという方は、炎天下の中外で長時間並びたくないのならWEBチケットの事前購入を強くお勧めしておきます笑

 

③料金体系は・・・年間パスが意外と安くて迷うかも?

 

こちらが料金表。

 

年間パスが通常料金の2回分と、かなり安価な値段設定になっている印象を受けました。

1年に3回以上利用すれば元を取れる計算になりますが・・・。

「いくら地元とは同じ水族館に年3回いくかなあ?」とその場で確信を持てなかったので、私は通常の1回券をチョイスしました笑

 

仙台住まいの方で、小さなお子さんがいるご家庭の方には、年間パスはいい選択かも知れません!

 

自動券売機×3台 窓口×3つ で、6つの入場券売り場が設置されていました。誘導してくれる係員さんもいたので、売り場はスムーズでしたね。

クレジットカードは窓口でのみ利用できるみたいです。

 

④いよいよ入場!完成して間もない水族館の美しさに驚愕!

 

「うおー!ガラスがめっちゃピカピカや!!」

 

が一番最初に思った事。笑 全国何か所も水族館を巡ってきたましたが、完成間もない水族館に足を運んだのは人生初!

コケや手垢など当然一切ない、まるでクリスタルの様に輝く水槽に、入ってそうそう心を打たれました。

 

つい最近閉館した移転元の松島水族館なんかは、老朽化で色んな箇所が傷んでましたから、それを知っていた地元民としては尚さら感動でしたね~。

 

 

※写真は当然全て無加工です。

 

⑤レアなお魚も沢山!!

レアキャラすぎて水族館ではもはや定番キャラになりつつある「チンアナゴ」さん

いそうでいなかった?「アナゴ」さん

凶悪な顔をした「ウツボ」さん

この発想は無かった!「巨大ワカメ」ちゃん

 

⑥東北初のアシカとイルカのコラボのショーがすごい!

 

アシカのキュートなポージングはもちろん

イルカの超大ジャンプ!

image

そして、東北初!アシカとイルカのコラボレーションです。

イルカがボールを運び・・・

image

トス!

image

アシカのナイスキャッチ!

 

会場は大歓声に包まれていました!

 

 

仙台市内に全国に誇れる水族館が・・・感無量!

 

以上、画像を中心にですが、「仙台うみの杜水族館」の見所をまとめてみました!

 

実際に行ってみて、「東北の最大都市である仙台に、日本に誇れる水族館がようやく出来たんだ!」と誇らしい気持ちになりました。

 

私がピックアップして紹介した展示や写真は、まだまだほんの一部です。

トリックアート的な写真が取れたり、小さい子が水槽の中に入って行ける様な仕掛けがあったり、自分で描いた魚をスクリーンに投影させて泳がす事ができる装置があったり・・・。

とにかく、お客さんを飽きさせない工夫が随所に見られ、「一回じゃ細部まで見れなかったし、やっぱり年間パス買うべきだったか?」と思ったくらいです笑

 

全国の皆さん、仙台にいらした際には「仙台うみの杜水族館」にぜひ足を運んでみてくださいね(・∀・)

 

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事