リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

取っ手がガタガタ・・・。襖のノブが取れそうなので直してみた!

time 2015/07/23


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

襖用ドアノブの補修

image

以前から和室のドアノブ緩くなって来てるな。と思っていたのですが、最近になり緩いどころか、かなりガタガタする様になって来たので、ドアノブのガタツキ補修をしました。

 

◆まず、構造を確かめる

 

ドアノブだと、内側と外側でオスメスになっていて、片側からネジで固定するパターンが多いです。

 

が、

 

今回の場合、内側・外側共に、それぞれビス止めされているタイプのようです。

image

廊下側のドアノブ

image

和室側(緩んでいる方)のドアノブ

 

◆ビス穴が広がっているため、いくらドライバーを回しても固定できない・・・

 

今回の場合、緩んでいる和室側の扉が、「ダンボール襖」なので、一度ビス穴が広がってしまうと、いくらドライバーを回しても固定する事ができません。

image

手で、押しただけズボっと入り込んでしまう始末。

 

では、どう対処すれば良いかと言いますと・・・。

 

◆台座を動かして、ビスを止める位置を変える

 

一度今ついているビスを外し、ドアノブの台座だけ回転させてビスを止める位置を変えてしまえばいいんです。

image

この位置から

image

 

この位置に変える。

台座の位置だけくるっと回転させると、まだ真っさらな部分にビスを固定する事ができます!

image

あとは、一本ずつビスを新しく締め直していきます。
※この時絶対に締めすぎない様に注意!ダン襖の場合、非常にビス穴が潰れ易いです。

 

補修完了

image

image

上が作業前で、下が作業後です。
がっちり固定し直したので、しばらく緩む事もないでしょう!

 

襖にノブが付いてるケースは余り無いかも知れませんが、「同じ症状で困っていた!」という方がいらしたら、参考にしてみてくださいね!

 

 

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事