リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

ギター講座 ピックの選び方

time 2015/06/26


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

色んなピックがありすぎて、どれを選べば良いか解らない!

 

ピックには色んな形や種類があります。

ティアドロップ型、おにぎり型、固いもの、やわらかいもの、etc…

本来は、材質や形状によって弦を弾いた時の響き方は違って来ますから、出したい音に応じて使い分けるものなんです。

 

ですが、ギター初心者の頃は正しい音の出し方、弦をどう弾けばいいか解らないため、とにかく「使い易さ」に重点に置いてピックを選びたいですよね。

 

私もそうでしたから、何度も色んな種類のピックを買ったりしながら思考錯誤したものです。

 

私が思う、一番使い易いと思うピックは・・・

 

今回は、そうして、紆余曲折した末にたどり着いた、「どう考えてもこれが一番使いやすいやろ!」と私が思うピックを紹介しますw

 

ずばり 「おにぎり型(ハードタイプ)」

20150628170443249

です!(画像は私が愛用しているもの)

 

このピックは本当に使いやすいです。使っていて感じるメリットは、

①おにぎり型で持つ面積が広いため、激しいストロークをした時でもピックを安定して持っていられる。

② ティアドロップ等と違い、三つの角があるので、例えピックがずれてもそのまま隣の角度に転がして復帰できる。

③ 三つの角があるので、従来のピックより削れて消耗するスピードが遅い。

 

※ピックの固さですが、音の輪郭がはっきりしやすいので、特に初心者の方はハードがおすすめです。

 

 

おにぎり型のピックはベーシストが使う事が多いと思うんですが、メジャーなギタリストだと、
マキシマムザ亮君さんやken yokoyamaさんも、上記の様なメリットを理由におにぎり型のピックを使っていますね~。

 

おにぎり型に慣れてしまうと、たまにティアドロップ型のピックを使ってみた時、本当にぽろぽろ落としてしまうんですよねw

 

以上の理由で、私yamadaa0217としましては、ピックを選ぶ際はおにぎり型(それもハード)一択!

 

という事でおすすめ致しております!!

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事