リフォームとDIYの基礎知識

住宅改修・補修会社に勤める私が、リフォームとDIYの基礎知識から、生活の知恵・趣味のギターについて書き綴ります

蛇口を閉めても水がポタポタ滴り落ちる・・・ スピンドル交換をしよう!

time 2015/06/25

昨日、祖母から急に連絡があり、「流しのハンドルを閉めても水がポタポタ止まらないから何とかしてけろ!」との事(゚Д゚;)

どれどれ、と様子を見に行っててみると。。
image

赤丸の部分から水が滴り落ちてますね~。(じゅんいちD風)

 

これは、ハンドルの下にある「スピンドル」という止水部品のパッキン劣化によるものです。という事で、今回は「スピンドル・ハンドル交換」いっちゃいましょう!

 

こちらの記事にてDIYをするなら最低限用意しておきたい工具・道具を紹介しています!


【このブログの一番人気記事!】
現役の住宅リフォーム屋が解説!リフォーム費用を安くする比較見積の方法と、失敗しないための優良業者の選び方



sponsored link

スピンドル・ハンドル交換

 

◆今回使用する材料
LIXIL (INAX) スピンドル部 A-732-7 ×2個
LIXIL (INAX)水栓金具ハンドル A-2002-1(水用) ×1個
LIXIL (INAX)水栓金具ハンドル A-2002-2(湯用) ×1個
※既存のハンドルが使えない場合があるので、スピンドルとハンドルはセットで交換してください。

◆今回使用する工具
・プラスドライバー
・プライヤー

 

①既存のハンドル部分のカバーを外し、固定ネジを緩めると、ハンドルが外れます。
image

 

 

②画像の様に既存のスピンドルをプライヤーで掴み、左へ回し緩めます。
image

 

 

③既存のスピンドルを外し、新品の部材と並べました。30~40年ものなので、とんでもなく錆びてます笑
丸で囲ったコマパッキンが劣化してくると、うまく止水できなくなり、水がポタポタ滴り落ちるわけですね。
image

 

 

④外した時と逆の要領で今度はスピンドルを取り付けます。この時、スピンドルを締め付けすぎないように注意!
手で締められるところまで締めて、プライヤーで3~4回締めるくらいで大丈夫です!
image

 

 

⑤最後に、装着した新しいスピンドルに新しいハンドルを取り付けて完了です!
image

 

 

以上で作業完了です!スピンドル・ハンドルを交換すると、水漏れが止まり見栄えも良くなるだけでなく、
ハンドルの取り回しも非常にスムーズになります!それがすごく気持ちいいですねw

水道屋さんに頼んだら、出張費・材料代も含めて1万円程度はかかるでしょうか。
作業自体も難しくなく、簡単な道具でできるので、「自分にもできそうかな?」と思ったらぜひチャレンジしてみてください(・∀・)!

sponsored link



down

コメントする







プロフィール

「リフォームとDIYの基礎知識」へようこそ!「DIY太郎」 と申します。このブログでは、リフォーム会社に勤務している私が、DIYやリフォームの知識や、趣味で弾いているギターの講座など、日常生活で役に立つ知識を幅広く紹介しています。是非、ご覧になって頂ければ幸いです! (詳しいプロフィールはこちら)




sponsored link

今週の人気記事

カテゴリー 

過去記事